2019.12.20

NTTドコモによる当社の吸収合併について

ドコモ・ヘルスケア株式会社(以下、「当社」)は、本日開催の取締役会において、2020年1月28日(予定)に株式会社NTTドコモ(以下、「ドコモ」)の完全子会社となり、2020年4月1日(予定)をもってドコモと合併(以下、「本合併」)することを決議いたしましたので、お知らせいたします。なお、本合併は、ドコモを存続会社とし、当社を消滅会社とする吸収合併であり、同日をもって当社は解散いたします。



当社の事業はドコモの事業として継続いたしますので、現在ご利用中のサービスは、本合併後も引き続きご利用いただけます。

今後は、本合併によりグループ経営の合理化及び意思決定の迅速化を図るととともに、当社がこれまで培った技術・ノウハウと、ドコモが持つdポイントや5Gなどのアセットの活用を通じた更なるシナジー強化により、ドコモグループとして、拡大するヘルスケア市場への対応及び医療・ヘルスケア領域への幅広い事業展開を目指し引き続き取り組んでまいります。

また、本日付でドコモとオムロン ヘルスケア株式会社の間で新たに締結した協業契約(以下、「本協業」)に基づき、両社で、ヘルスケア領域における事業連携にとどまらず、R&D、マーケティング等での幅広い連携を推進し、今後もパートナーとしてお客様に新たな価値を提供していきます。

引き続き、ドコモグループとして、本合併及び本協業を通じた更なる事業の発展と、『お客様一人ひとりに寄り添い、自分らしく健康に暮らせる社会の実現』に向け、より一層のサービス向上に取り組んでいく所存です。

皆さまには、今後も倍旧のご愛顧を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。


本合併に関する詳細につきましては、ドコモの報道発表
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/12/20_00.htmlをご参照ください。