2018.02.28

ドコモ・ヘルスケアが女性の健康を応援する「ウィメンズ・ヘルス・アクション宣言」 をしました

ドコモ・ヘルスケア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:和泉正幸、以下ドコモ・ヘルスケア)は、女性が健やかに輝きつづける社会を目指す、Women’s Health Actionの取り組みとして、「ウィメンズ・ヘルス・アクション宣言」 をしました。

「ウィメンズ・ヘルス・アクション宣言」とは、女性の健康を地域や組織全体で支え、活き活きとした未来を育むためのヘルスリテラシー向上推進と環境設備に取り組む地域づくり・職場づくりを、地方自治体長や企業・団体トップ自らが宣言・実行することで、社会全体の改革を進める力とするものです。 (http://whasympo.com/declaration.html)

「ウィメンズ・ヘルス・アクション宣言」

「すべての女性が健やかに輝きつづける社会づくり」 を目指して、ともに女性の健康を支え、活き活きとした未来を育むためのヘルスリテラシー向上推進に取組む地域づくり・職場づくりを、ここに宣言します。

ドコモ・ヘルスケアのオリジナルメッセージ
「からだを理由に離職する女性社員をゼロに」

ドコモ・ヘルスケアの具体的な取り組み

女性が健やかに過ごせる社会づくりをめざし、ヘルスカラダのキモチリテラシーの向上と健康サポートに取り組んでいます。

女性従業員向けの健康支援サポート(法人向け)

女性のキャリアとヘルスケアに関するセミナーの開催 など

女性のライフステージに合わせたアプリの提供

PMSや妊活・妊娠・産後の健康サポートするスマートフォン向けアプリを提供。

女性の早期健康教育を目的とした女子学生向け「女性の体と心のしくみ」研修資料の提供

モバイルアプリケーション「カラダのキモチ」による正しい女性の健康情報の配信 など