2019.03.27

男性も一緒に女性の健康とキャリアを考える!

ドコモ・ヘルスケア株式会社(以下、ドコモ・ヘルスケア)は、丸紅株式会社(以下、丸紅)が2019年3月8日(金)の「国際女性デー※」に開催した「Marubeni International Women’s Day」(以下、本イベント)において、女性社員と男性社員が、普段は話題にしにくい女性の健康とキャリアについて学ぶセミナーを開催し、産婦人科医の宋美玄(ソン・ミヒョン)先生に登壇いただきました。

本イベントは、「国際女性デー」に合わせて昨年より丸紅社内で開催されているもので、ドコモ・ヘルスケアはイベント内でのセミナー開催のほか、女性のカラダとココロをサポートするアプリ「カラダのキモチ」を提供し、女性の活躍に欠かせない健康面でのサポートに協力させていただいております。

丸紅 内藤様のコメント

今回のセミナーは、男性を含む全ての企業人が知っておくべき、「女性の健康」について正しい知識を学ぶために、実施したものです。

タブー視されがちな「女性の身体の仕組み」を非常に楽しく、かつ分かりやすく解説頂き、受講者からは大変好評でした。
また、ドコモ・ヘルスケアが提供する女性の体調管理アプリ(カラダのキモチ)も提供することで、女性自身のセルフケア習慣化を狙っています。今後も社員一人ひとりが自律的・積極的に健康維持・増進に取組める環境整備を行っていきたいと考えています。

受講された方からの声

・「先生の話に惹き込まれた。知ってそうで知らない女性の健康のことが良くわかり、非常に有益だった。」
・「職場でも家庭でも女性への接し方を考えるヒントをもらった。」

※国際女性デー
1904年3月8日にアメリカ合衆国のニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こした。これを受けドイツの社会主義者クララ・ツェトキンが、1910年にコペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱したことから始まった。 

宋美玄先生プロフィール

産婦人科専門医医学博士
日本周産期・新生児学会会員
日本性科学会会員
丸の内の森レディースクリニック 院長

2児の母であり子育てと産婦人科医を両立。テレビ・ラジオ・雑誌連載などメディアへの積極的露出で“カリスマ産婦人科医”として様々な女性の悩み、女性の性、妊娠などについて女性の立場からの積極的な啓発活動を行っている。