2018.12.21

ドコモ・ヘルスケアの健康経営レポート~4年連続で「東京都スポーツ推進企業」に、2年連続で「スポーツエールカンパニー」に認定されました

ドコモ・ヘルスケア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:和泉 正幸、以下ドコモ・ヘルスケア)は、2018年11月30日に「平成30年度 東京都スポーツ推進モデル企業」に、2018年12月20日に「スポーツエールカンパニー」に認定されました。 ドコモ・ヘルスケアでは、従業員が健康になることで本来持っている力を最大限発揮し、仕事のパフォーマンスを高めるために、「Work Smile ProjectTM」を2018年度より立ち上げ活動を行っています。今回、各種取り組みが評価され、「東京都スポーツ推進企業」には2015年より4年連続で、「スポーツエールカンパニー」は昨年に続き2年連続で認定を得ることができました。

具体的な取り組み

・自社製品「ムーヴバンド®3」や健康管理ツール「健康サポートLink」を用いた、全国ドコモグループ社員・ドコモショップスタッフを対象とした歩数対抗戦のウォーキングイベント「ドコモみんなで歩こう!キャンペーン2018」の企画・運営 ・ドコモ・ヘルスケア従業員による社内独自の歩数対抗戦の実施 ・毎朝全従業員によるラジオ体操の実施 ・オフィスにおける、昇降デスクの導入、およびオフィスチェア代わりのバランスボール活用 ・体の仕組みや食生活や適度な運動習慣の重要性を学ぶ食コンディショニング講座の開催 ・フレックス勤務の導入、在宅勤務の推奨による運動時間の確保 ・従業員の健康意識の向上と業務効率向上をめざし、筋トレ・ストレッチ講座を実施 ・10月1日を「スニーカー通勤day」とし従業員のスニーカー通勤を推奨、当日に「正しく、楽しくするウォーキング」講座を開催。

「東京都スポーツ推進企業」について

東京都では、平成27年度から従業員のスポーツ活動の促進に向けて優れた取組やスポーツ分野における支援を実施している企業等を「東京都スポーツ推進企業」として認定しており、本年度は当社を含む266社が認定されました。 東京都リリース:https://www.sports-tokyo.info/company/suishin_2018.html

「スポーツエールカンパニー」について

スポーツ庁では、運動不足である「働き盛り世代」のスポーツの実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、本年度から、社員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取組を行っている企業を「スポーツエールカンパニー」として認定しています。本年度は当社を含む347社社が認定されました。