2018.10.30

男性管理職が「生理」を学ぶ!女性の健康課題とライフステージを正しく理解するセミナーを開催

女性は月経、妊娠、出産などのライフイベントや健康課題とキャリアの課題を、同時に考えていく必要がありますが、女性本人のみならず、育成する側の管理職に、女性特有の健康課題に関する知識が不足しています。毎月の生理前の不調を理由に昇進の辞退を考える女性が60%いるという報告(ホルモンケア推進プロジェクト調べ)もあり、知識の不足が女性活躍推進の妨げになっています。

ドコモ・ヘルスケア株式会社は、そのような女性の健康保持増進と健康経営に取り組んでいる伊藤忠テクノソリューションズ株式会社にて、普段話題にしにくい女性の健康について女性社員と男性管理職が一緒に学ぶセミナーを開催し、産婦人科医の宋美玄(ソン・ミヒョン)先生に登壇いただきました。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、女性活躍の更なる推進のためには、働く女性の健康支援は重要と考え、働きやすい職場づくりを目的に、女性社員と男性管理職に対して、セミナーを実施いたしました。女性は自分の状況に応じた健康に対する対処法を、男性管理職は、一緒に働く女性への対応法を学び、ヘルスリテラシーを高めました。

受講者の声

●女性40代 「同僚の間でも話題にしづらい女性の健康をテーマにした研修でしたが先生の明るく楽しい雰囲気、分かりやすい説明で、これまで知らなかった女性のカラダの変化やその対処法を学ぶことが出来、参加して本当に良かったと感じました。今後も男性管理職も含め、このようなセミナーで歩み寄れる環境を作っていけたらと思います。」

●男性40代 「部下に女性社員が複数名おり、内容も非常にタイムリーな内容でした。改めて理解でき非常に良かったと思います。知らないことが多いため、知識を得るだけでもこのセミナーの価値はありました。」

宋美玄先生プロフィール

産婦人科専門医
医学博士
日本周産期・新生児学会会員
日本性科学会会員
丸の内の森レディースクリニック 院長

2児の母であり子育てと産婦人科医を両立。テレビ・ラジオ・雑誌連載などメディアへの積極的露出で“カリスマ産婦人科医”として様々な女性の悩み、女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓発活動を行っている。

ドコモ・ヘルスケアでは、働く女性が抱えている課題や周囲の接し方についての認知を進めるセミナーや、アプリを活用した体調管理など、女性の健康向上に取り組む企業様向けのソリューションをご提供しております。