NEWS RELEASEニュースリリース

ドコモ・ヘルスケアの「健康経営」レポート~スポーツ庁推奨の「FUN+WALK PROJECT」に賛同しスニーカー通勤dayおよび「正しい歩き方講座」を実施

お客様の健康と企業の健康経営を支援する
ドコモ・ヘルスケア株式会社

ドコモ・ヘルスケア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:和泉 正幸、以下ドコモ・ヘルスケア)は、ドコモグループ従業員およびドコモショップスタッフ約6万人を対象に実施している社内ウォーキングキャンペーン「ドコモみんなで歩こう!キャンペーン2018」の開始日である2018年10月1日を「スニーカー通勤day」とし、従業員のスニーカー通勤を推奨したほか、コードブック株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:細野 貴文、以下コードブック)の協力により「正しく、楽しくするウォーキング」講座を開催しました。

スニーカーday集合写真

ドコモ・ヘルスケアは、スポーツ庁が2017年10月に開始した、ビジネスパーソンのスポーツ参画人口拡大を通じて国民の健康増進を図る官民連携プロジェクト「FUN+WALK PROJECT」に賛同し、これまでもドコモグループのウォーキングキャンペーンのサポートや自社内でのウォーキングイベント実施に力を入れてきました。
4年目となる今回は、チーム対抗戦でのウォーキングイベントに加え、コードブックの協力で正しい歩き方を、オフィス内をみんなでウォーキングしながら学びました。
また、従業員が通勤時にウォーキングを取り入れることを促進するため、「スニーカー通勤day」を制定。当日はほとんどの従業員がスニーカーで通勤し、社外の方々にも健康的に仕事を楽しむ姿勢をお見せしました。

正しい歩き方講座の模様正しい歩き方講座

※FUN+WALK PROJECT公式サイト:https://funpluswalk.jp/

健康経営の取り組み

ドコモ・ヘルスケアでは、お客様にヘルスケアサービスを提供する企業として、「まずは自分が健康になる」を行動指針にかかげ、従業員が生き生きと暮らし、笑顔で健康に働けるよう、さまざまな取り組みを実施しています。
従業員が健康になることで、本来持っている力を最大限発揮し、家族やお客様にも健康の輪を広げ、幸せな生活と社会を実現します。

今後の取り組み予定

今後は、コードブックをはじめとした企業と協力し、「肩こり、腰痛」、「リンパ」、「デトックス」、「美しい姿勢・お肌」、「代謝アップ」等の講習会などを開催し、従業員の健康リテラシーを高め、運動に取り組むきっかけ作りを提供します。
また、食や睡眠の改善による生産性向上の取り組みなども継続し、最先端の健康経営企業を目指します。

ドコモ・ヘルスケア株式会社について

・代表取締役社長: 和泉 正幸
・事業内容:身体・健康・医療に関わるデータを管理・活用・共有するプラットフォーム事業
・会社HP:https://www.d-healthcare.co.jp/

【取材に関するお問い合わせ】
dhqpr-ml@d-healthcare.co.jp