2018.10.01

NTTドコモの健康経営の取り組みとして約6万人を対象とした社内ウォーキングキャンペーンを実施

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドコモグループ従業員およびドコモショップスタッフ約6万人向けの健康経営推進施策の一環として、社内ウォーキングキャンペーン「ドコモみんなで歩こう!キャンペーン2018」をドコモ・ヘルスケア株式会社(以下、ドコモ・ヘルスケア)のサポートにより2018年10月1日(月)から2018年11月30日(金)まで実施いたします。

ドコモは、お客さまにより良いサービスをご提供するためには従業員が健康であることが重要と考え、これまでもドコモグループ社員、ドコモショップスタッフを対象とした社内ウォーキングイベントなどの健康増進に積極的に取り組んでまいりました。昨年度のウォーキングキャンペーンでは約18,000名が参加し、期間中の平均歩数が普段より3割増加するなどの効果 が出ております。
今年度はスポーツ庁が2017年10月に開始した、ビジネスパーソンのスポーツ参画人口拡大を通じて国民の健康増進を図る官民連携プロジェクト「FUN+WALK PROJECT」※に賛同し、新たな取り組みとして全国の従業員にスニーカー通勤を推奨します。
また、社内ウォーキングキャンペーン参加者の歩数をスマホアプリで計測し、組織単位、個人単位での表彰を行うことで、社内の健康リテラシーの醸成や運動機会の促進を図ります。

ドコモグループは今後も健康経営を推進するとともに、自社での経験を踏まえ、多様な法人向けサービスで、企業の健康経営をサポートしてまいります。