2018.09.13

月経周期管理アプリ「カラダのキモチ」の利用効果に関する論文が英国の医療経済誌に掲載

ドコモ・ヘルスケア株式会社は、自社が提供する月経周期管理アプリ「カラダのキモチ」の監修者である産婦人科医 宋 美玄氏(丸の内の森レディースクリニック院長)と当社金岡 秀信との共著による、月経周期管理アプリ「カラダのキモチ」の働く女性を対象とした効果検証に関する論文が、2018年8月22日(英国時間)、Journal of Medical Economics誌※1に掲載されたことをお知らせいたします。

検証の概要

20~45歳の働く女性を対象とし、月経周期管理アプリ「カラダのキモチ」を利用するグループ612名と利用しないグループ914名に分け、3か月間のアプリ利用による効果を検証する試験※2、および費用対効果の分析を行いました。
その結果、アプリを利用したグループは、利用しないグループに比べてうつ病と月経困難症の発生率が有意に低いこと、またQALY(質的調整生存年)※3が高く、アプリ利用料、医療費、生産性損失額を合計した費用は低いため費用対効果が高いという結果が得られました。

・論文タイトル: Effectiveness of mobile application for menstrual management of working women in Japan: randomized controlled trial and medical economic evaluation
・掲載サイト: https://www.tandfonline.com/doi/pdf/10.1080/13696998.2018.1515082

日本では、PMSを含む月経随伴症状(月経前および月経中の不快な症状)に悩む女性は、月経を有する女性の74%にものぼると報告されています※4。また、女性の体調や精神状態は、ホルモン分泌のバランスに左右されやすく、精神的ストレスが月経不順やPMSに影響しているという報告もあり※5、精神症状と月経周期には密接な関係があると考えられています。女性の社会進出が進み、労働力としての期待が高まる中、このような症状は個々の日常生活のみならず、経済、社会に対しても影響を与えている可能性があります。

ドコモ・ヘルスケアは、そのような女性特有の課題について企業がサポート体制を整えることが重要と考えています。今後も、働く女性が抱えている課題や周囲の接し方についての認知を進めるセミナーや、アプリを活用した体調管理など、女性の健康向上に取り組む企業様向けのソリューションを提供してまいります。

※1 Journal of Medical Economics誌について
Journal of Medical Economics(JEM)は、新たな治療やデバイスなどの介入による予防や治療の効果、及び、その経済評価に関する研究に関する論文を掲載する権威ある医療経済誌の一つ。
※2 RCT(Randomized Controlled Trial:ランダム化比較試験)
治療や予防のための介入を行う介入群、介入せず観察のみの対照群を無作為に2つのグループに分け(ランダム化)、比較評価を行う研究試験方法。
※3 QALY(Quality-adjusted life year質的調整生存年)
費用対効果を経済的に評価する技法として用いられ、生存期間(量的利益)と生活の質(質的利益)の両方を評価する疾病負荷の測定手法である。1QALYは、完全に健康な1年間に相当する。
※4 出典:Tanaka E, Momoeda M, Osuga Y, et al. Burden of menstrual symptoms in Japanese women: results from a survey-based study. J Med Econ 2013;16:1255-66
※5 出典:Yamamoto K, Okazaki A, Sakamoto Y, et al. The relationship between premenstrual symptoms, menstrual pain, irregular menstrualcycles, and psychosocial stress among Japanese college students. J Physiol Anthropol 2009;28:129-36