2018.07.30

~6月から義務化されたバス・トラックなどの乗務前確認をサポート~ドコモ・ヘルスケアの睡眠管理ソリューションが国土交通省「自動車事故対策費補助金」の対象機器に認定

ドコモ・ヘルスケア株式会社が提供するウェアラブル活動量計「ムーヴバンド®3」および計測データの管理ツール「健康サポートLink」が、国土交通省が推進している「事故防止対策推進事業」において「過労運転防止に資する機器」として認定され、導入企業さまは導入費用の一部について補助を受けることが可能となりました。

「事故防止対策推進事業」では、取り組みの一つとして過労運転防止機器に対する補助金制度が設けられており、自動車運送事業者が先進的な機器の導入により運転者の過労運転を防止し、居眠り運転等を原因とする重大事故を防ぐことを支援するため、要件を満たす機器購入に対し、購入額の一部補助を実施しています。
「事故防止対策推進事業」についての詳細は国土交通省公式ホームページにてご確認ください。

■国土交通省ホームページ
・リリース(http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000350.html
・事故防止対策支援推進事業について(http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/subcontents/jikoboushi.html

今回認定を受け、補助金の対象となるのは、ウェアラブル活動量計「ムーヴバンド®3」および管理ツール「健康サポートLink」の導入費用です。
「ムーヴバンド®3」は腕につけて寝るだけで、自動的に睡眠の開始時刻、終了時刻、深さを記録します。運転者は無料のスマホアプリ「WM(わたしムーヴ)」を使ってご自身の睡眠状態を見ることができるため、点呼の際に正確な睡眠時間の報告が可能となります。また管理者は、乗務員が計測した睡眠時間・睡眠の深さなどの健康データを管理ツール「健康サポートLink」で確認でき、遠隔からでも簡単に睡眠状態が把握いただけます。