NEWS RELEASEニュースリリース

横浜市の「よこはまウォーキングポイント」向け歩数計アプリの開発・運用における共同事業者に採択されました

ドコモ・ヘルスケア株式会社

ドコモ・ヘルスケア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:和泉 正幸、以下ドコモ・ヘルスケア)は、神奈川県横浜市(林 文子市長)が公募した「よこはまウォーキングポイント」事業において、2018年4月よりスマートフォンで参加していただくための歩数計アプリの開発・運用における共同事業者として採択されましたことをお知らせいたします。

ドコモ・ヘルスケアは、これまで約400万人のお客様に健康プラットフォームを提供し、楽しくウォーキングを続けられるサービスを展開してまいりました。その実績をもとに、幅広い年代の市民の皆様が参加しやすく、健康づくりを一層進めることのできるゲーム要素が満載の歩数計アプリを提案しご評価いただきました。

「よこはまウォーキングポイント」事業は、2014年からスタートした18歳以上の横浜市民等の方に日常生活の中で楽しみながらウォーキングを通じた健康づくりに取り組んでいただく事業です。すでに参加者は25万人を超え、2018年度より第2期がスタートします。ドコモ・ヘルスケアは第2期より横浜市とともに本事業を企画から運用まで実施する第2期共同事業者代表企業としても選定されました。

提案内容

  • 歩数ランキング、スタンプラリー、写真投稿などゲーム要素のある楽しいメニュー
  • 商品券やdポイントなど参加者にわかりやすいインセンティブ
  • 大規模案件の構築・運営実績、ノウハウ・システムをベースとした確実なサービス運用・運営

歩数計アプリの特徴

  • 年代別や平均歩数別など、歩数ランキングは8種類
  • 市内各所を回ることでスタンプ(画像)がもらえるGPSスタンプラリーを実施
  • マップに紹介したいスポットやグルメ写真などを投稿できる(監視機能付き)など

提供開始時期

2018年4月 予定

(参考)よこはまウォーキングポイント
http://enjoy-walking.city.yokohama.lg.jp/walkingpoint/

ドコモ・ヘルスケアは、今後も個人のお客様や、企業で働く皆様、自治体の住民の皆様一人ひとりのライフスタイルに合わせて健康をサポートしてまいります。