NEWS RELEASEニュースリリース

痩せている人ほど、野菜摂取率が高いことが判明!

~食事の写真を送るだけで、管理栄養士からアドバイスを貰える機能の利用実態を分析~

ドコモ・ヘルスケア株式会社

200万人を超える会員が利用する健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)©」を提供するドコモ・ヘルスケア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:和泉正幸、以下ドコモ・ヘルスケア)は、 スマートフォン向けヘルスケアサービス「からだの時計 WM©(以下、からだの時計)」の機能である「管理栄養士相談サービス」の利用実態から、からだと食生活に関する調査・分析を行いました。 本サービスは、食事の写真をスマートフォンから送るだけで、管理栄養士からアドバイスを貰える機能です。

本調査は、管理栄養士相談サービスが追加された2015年3月から10月末までの、延べ785人の利用データおよび利用者から投稿された6,022枚の食事写真を、個人が特定できない統計データに加工して分析しています。

分析結果

利用目的について

管理栄養士相談サービス、利用目的は「ダイエット」 利用目的を集計したところ、「ダイエット」と「メタボ解消」のふたつで半数を超えます。

<管理栄養士アドバイス機能の利用目的>
image01

食事内容について

痩せている人ほど、よく野菜を食べている!

利用者から投稿された食事写真を解析し、野菜の摂取率を算出。BMIと比較したところ、痩せている人ほど、よく野菜を食べているということがわかりました。

<食事ごとの野菜接種率>
image02

最も多い管理栄養士のアドバイスは「野菜」に関すること 管理栄養士からのアドバイスの最頻出単語は、「野菜」。785回のアドバイスで、1,551回の「野菜」という単語が利用され、野菜に関するアドバイスの多さを示しています。 「全体的に野菜が少なめのようです。」「野菜が不足しているようです。」「野菜を増やしてご飯を減らしましょう。」 「ダイエットにおすすめの食材は、『野菜』」といった野菜不足を指摘し、食事内容に野菜を増やすことを促すアドバイスが多く行われているようです。

ちなみに、その他の頻出単語は、「朝食」(940回)、「脂肪」(509回)、「規則正しく」(298回)、「食物繊維」(238回)、「代謝」(209回)などでした。

食事時間について

ランチはぴったり12時台が大多数

全曜日を通しての平均食事時刻は、朝食が7:22、昼食が12:39、夕食が19:41でした。
グラフで見ると特に12時台前半に集中していることがわかります。会社のお昼休み時間を利用して比較的規則正しく昼食を摂っている様子が伺えます。

<平均食事時刻(全日)>
image03

金曜日の夕食はいつもよりも遅め

曜日ごとの平均食事時刻をみてみると、曜日ごとの生活リズムを推察することができます。
朝食時刻は、土日の方が、遅くなります。また、平日では、月曜日が一番遅いことがわかります。週末週末の生活リズムを引きずり、土日のように少しでも長く寝ていたい、そんな気持ちが朝食時間にも表れているのかもしれません。 全曜日を通して、昼食時刻が一番、遅いのは、土曜日。一番、ゆったりとした時間を過ごしているのかもしれません。夕食時刻が一番、遅いのは、金曜日。 いつもより少しだけ長く仕事をして飲み会へ向かっているのでしょうか。

<平均食事時刻(曜日ごと)>
image07

ご利用者の声

「食生活や買い物の内容が変わった!」
「遅い時間に食べる回数は罪悪感を感じて、かなり減った。」
「『栄養士顔負けのすばらしい栄養バランスですね!』とコメントがもらえたときはうれしかった」
など、多数のお声をいただいています。

「からだの時計」栄養士のアドバイス機能アップデート

本機能により親しみをもっていただくため、2015年12月1日(火)より、従来イラストとニックネームで表示されていたアドバイス担当の管理栄養士が、 本人の写真と名前で表示されるようになりました。
今後もより良い形で健康な体づくりをサポートできるよう機能拡充・改善してまいります。

担当管理栄養士プロフィール

武田さん
image04
得意相談:スタミナ不足解消
趣味:テニス
指導歴:2年
健康運動指導士の資格をもっています!スタミナ不足解消の食事と運動に関してもご相談ください。

水野さん
image05
得意相談:ダイエット・メタボ解消
趣味:食べ歩き
指導歴:2年
食べ歩きが大好きなので、外食写真のコメントが得意です!気軽に相談してください♪

波多江さん
image06
得意相談:美肌
趣味:海外旅行、英会話
指導歴:6年
「からだの中からキレイに痩せたい!」そんな悩める女性に対して的確にアドバイスします。