NEWS RELEASEニュースリリース

リストバンド型活動量計『ムーヴバンド2』利用者の睡眠時間とBMI値の相関を調査

~「睡眠時間が短いと太りやすい」傾向が明らかに。秋の睡眠週間にぐっすり睡眠を~

ドコモ・ヘルスケア株式会社

ドコモ・ヘルスケア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:竹林一、以下ドコモ・ヘルスケア)は、健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)®」※1に蓄積された睡眠時間等のデータに着目し、利用者の実態調査を行いました。

9月3日は、「グッスリ」の語呂合わせから、秋の睡眠の日とされています(春の睡眠の日は、3月18日)。また、この睡眠の日の前後の週となる8月27日~9月10日は、睡眠健康週間とされており、睡眠健康意識を高める期間です。一般的に睡眠不足や生活習慣の乱れにより太りやすくなると言われていることから、ドコモ・ヘルスケアでは、リストバンド型活動量計「ムーヴバンド®2」利用者の睡眠時間とBMI値に相関があるか調査しました。「ムーヴバンド2」は、腕に着けるだけで、歩数・移動距離・消費カロリー・睡眠時間・睡眠状態が計測できる活動量計です。

今回の調査では、ムーヴバンド2を利用している男女約1,600人(10代~80代)のWMに蓄積された入眠時間および起床時間から算出した睡眠時間と、身長・体重データから算出したBMI値に基づき、傾向を分析しました。
その結果、男性は平均6時間以上8時間未満、女性は平均7時間以上8時間未満の睡眠時間を取っている人のBMI値が最も低いことがわかりました。また、男女ともに、前述の睡眠時間より短い睡眠時間の人は、BMI値がより高く、肥満傾向にあることがわかりました。

睡眠時間の確保は、健康維持にかかせないものとなっています。寝苦しい夏が終わり、過ごしやすい秋の「睡眠健康週間」に、睡眠時間を見直してみてはいかがでしょうか。

【調査結果サマリー】

  • 男女ともに、7時間程度の睡眠時間を取ると太りづらい傾向に!
    男性は平均6時間以上8時間未満、女性は平均7時間以上8時間未満の睡眠時間を取っている人のBMI値が最も低い。
  • 夏は寝苦しく、秋から眠りやすさは改善。
    夏の睡眠時間は最も短く、寝つきにかかる時間は最も長い。
  • 女性の方が男性よりよく眠る傾向が!
    女性の方が男性より睡眠時間が長く、眠りにつく時間が短く、起きるまでのスヌーズ回数が多い。

①男女ともに、7時間程度の睡眠時間を取ると太りづらい傾向に!

男性は、平均6時間以上8時間未満、女性は平均7時間以上8時間未満の睡眠時間を取っている人のBMI値が最も低い。

image01

※参考
・BMIは肥満度を表す指標として国際的に用いられている体格指数。計算方法:[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]
<日本肥満学会の定めた肥満に関するBMI値基準>
22 適正体重(18.5未満 痩せ型、18.5以上25未満 普通、25以上 肥満)

②夏は寝苦しく、秋から眠りやすさは改善。

季節ごとの平均睡眠時間を比較すると、春は6時間6分、夏は5時間52分、秋は6時間6分、冬は6時間15分で、夏は一番睡眠時間が短い。

image02

布団に入ってから眠りにつくまでの平均時間※2を季節ごとに比較すると、春は17分17秒、夏は19分27秒、秋は18分24秒、冬は17分11秒で、夏が一番眠りにつくまでに時間がかかる。

image03

③女性の方が男性よりよく眠る傾向が!

平均睡眠時間は男性が6時間3分、女性が6時間10分で、女性の方が多く睡眠時間を取っている。
眠りにつくまでの時間は、男性が約15分44秒、女性が14分50秒で女性の方が早く寝つく。
朝起きるときに使用するスヌーズ回数※3は、男性が1.9回、女性が2.8回で、女性の方が多い。

image04

調査方法概要

  • 調査目的     : WM(わたしムーヴ)に蓄積されたデータを活用し、健康に関する意識や行動がどのようになっているか、その実態を明らかにすること。
  • 調査主体     : ドコモ・ヘルスケア株式会社
  • 調査実施期間   : 2014年8月1日~2015年7月31日
  • 調査対象     :
    <①の対象者>
    上記対象期間に、「ムーヴバンド2」を利用し、睡眠データ転送と体重データの入力を60日以上していた1,603人の会員(男性1,317人、女性286人)
    ※以下のデータは除外
    ・睡眠モード設定時間900分(15時間)以上、・睡眠時間30分未満または720分(12時間)以上、
    ・眠りにつくまでの時間300分(5時間)以上、・夜中の目覚め時間240分(4時間)以上
    <②、③の対象者>
    上記対象期間に、「ムーヴバンド2」を利用し、睡眠データ転送の入力を1日以上していた10代~80代の2,738人の会員(男性1,860人、女性878人)
  • 調査方法     : WMに蓄積されたデータを確認し、分析
  • ※1 お客さまの「からだデータ」をお預かりし、そのデータを分析・予測する健康プラットフォーム。
       提供開始:2014年4月
       会員数:約180万人(2015年6月末現在)
       からだデータの種類:歩数、体重、睡眠時間や状態、消費カロリー、基礎体温、血圧、服薬情報、ワクチン接種履歴 等
       全120種類(2015年7月末現在)
    ※2 ムーヴバンド2を睡眠モードに切り替え、完全に眠ったと機器が認識するまでの時間の平均。
    ※3 ムーヴバンド2の目覚まし機能のスヌーズが振動した回数。

    ※ 「WM(わたしムーヴ)」「ムーヴバンド」は、ドコモ・ヘルスケアの登録商標です。