女性のライフステージに合わせた情報をお届け

生理
公開日 :
更新日 :

「排卵痛」が起こるタイミングはいつ?原因や症状は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理痛と同じように、現れる症状や感じ方に個人差がある「排卵痛」。痛みは一時的なものではありますが、起こるタイミングを知っていないと不安になりますよね。対処のポイントは、いつ、どんな症状が起こるかを把握しておくことです。

そもそも排卵痛とは?

生理中の症状が人によって異なるのと同じように、排卵期に感じる体の変化も人それぞれ。中には、排卵日を挟んだ前後3日ほどの間に、腹部の軽い痛みや張り、腰痛、少量の出血などが起こる人もいます。

排卵痛が起こる原因

排卵とは、卵子が卵巣の壁を突き破って外に飛び出す現象のこと。その際、卵巣が少し傷つくため下腹部の軽い痛みや張り、腰痛などが起こったり、少量出血したりする場合があるといわれています。これが「排卵痛」です。排卵痛は病気ではないので心配はいりません。むしろ、きちんと排卵があったしるしともいえます。

排卵

排卵痛が起こりやすいタイミング

下腹部周辺に起こる痛みや少量の出血が、排卵痛かどうかの確認をするのには、基礎体温が役立ちます。それらの症状があったら、痛み方やそのタイミングを基礎体温と一緒に記録しておきましょう。低温期から高温期に移る「排卵」辺りで起こっていれば、排卵痛、排卵出血と考えられます。

関連記事:
基礎体温の正しい測り方、グラフの見方・妊娠しやすい時期について

基礎体温グラフ

排卵期に起こる症状

排卵期には、主に次のような症状が起こります。

下腹部の痛み・張り

排卵時に卵巣の壁が傷ついたり、排卵後に卵巣全体が少し腫れた状態になったりすることで、軽い痛みや張りを感じることがある。

腰痛

排卵前後のホルモンバランスの変化から、腰のだるさや重さ、痛みを感じることがある。

出血

排卵時に卵巣の壁が傷つき、少量出血することがある。排卵期や黄体期に、卵巣の傷から出血する「卵巣出血」が起こり、腹部の激痛を感じることもある。性交渉が引き金になることも。

排卵痛の改善策や予防方法は?

排卵痛は体の異常ではないので、基本的に受診や治療の必要はありません。とはいえ、感じている痛みが排卵痛かどうかは本当は分かりません。毎月痛み止めが必要なほどの強い痛みがあったり、痛みが続いたりしてつらい場合は受診しましょう。

いつもと違う排卵痛に注意

普段は1、2日程度の軽い違和感で治まっているのに、激痛が起こり寝込むほどだったり、1週間以上痛みが続いたりする場合は、卵巣出血など深刻な状態になっている可能性があります。入院や手術が必要になる場合もあるため、すぐに受診してください。

予防・改善にはピルを活用することも

痛みでつらい場合は、病気ではないからといって我慢せず受診しましょう。医師と相談の上、2、3カ月低容量ピルを用いて排卵を止め、症状が改善するかどうか様子を見ることもあります。

関連記事:
きちんと知ろう!低用量ピルの効果と副作用

生理痛以外で腹痛や腰痛などがある場合は、基礎体温を測定して「排卵痛」なのかどうかを確認しつつ、厳密には婦人科を受診することをおすすめします。また、排卵時に起こる場合でも激しい痛みが、1週間以上続く場合は、卵巣出血などの可能性もあるため、すぐに受診してください。

妊活中でなければ、排卵痛は低用量ピルで予防・改善できることもあるので、痛みがつらい場合は我慢せず、医師に相談しましょう。

この記事の監修

宋 美玄 (ソン ミヒョン)
丸の内の森レディースクリニック 院長 医学博士
日本周産期・新生児学会会員
日本性科学会員
2児の母であり子育てと産婦人科医を両立。テレビ・ラジオ・雑誌連載などメディアへの積極的露出で“カリスマ産婦人科医”として様々な女性の悩み、女性の性、妊娠などについて女性の立場からの積極的な啓発活動を行っている。

丸の内の森レディースクリニック
https://www.moricli.jp

※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。