女性のライフステージに合わせた情報をお届け

生理
公開日 :
更新日 :

生理周期で対策!肌荒れ改善法を取り入れて美肌を手に入れよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理前の肌荒れは仕方ない…と諦めてはいませんか?女性の肌は生理周期で大きく変化しますが、生理周期とホルモンの関係を良く知り、適切な対策をとることで改善させることが可能です。生理前の嫌な肌荒れの改善法を教えます。
kimochi_291

肌荒れに大きく関係する生理周期

多くの女性が悩む「肌荒れ」。その原因の一つとして「生理周期」があげられます。なぜ、生理周期によって肌荒れが起こってしまうのでしょうか?その原因について、解説していきましょう。

生理前~生理中に肌荒れがひどくなる原因とは

生理は、女性ホルモン分泌量の変化によって起こります。
ホルモン分泌量の変化と、それに伴う肌の状態の変化については、以下のグラフのようになります。

kimochi_292
女性ホルモンには、大きくわけて「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の二つがあります。生理と同様に、肌荒れもこの二つのホルモンバランス変化によって起こります。では、それぞれどういった働きがあるのか、解説していきましょう。

エストロゲン

エストロゲンは卵巣から出るホルモンで、排卵がスムーズにいくように卵巣などの調子を整えるホルモンです。故に「卵胞ホルモン」と呼ばれます。エストロゲンは、皮膚に対しては「皮脂腺の分泌を抑制」するため、過度な皮脂を出さないようになります。また、コラーゲンの合成を促進させるため、肌のバリア機能も高くなるのです。ほかにも肝臓や血液、骨など、身体の様々な部位に影響を与えます。たとえば肝臓はコレステロールを分解しやすくなり、血管は拡張し、動脈硬化になりにくくなります。

関連記事:
女性ホルモンのエストロゲンってなに?

プロゲステロン

プロゲステロンは、妊娠が成立するための働きをする「黄体形成ホルモン」に刺激を受けて出るホルモンです。故に「黄体ホルモン」と呼ばれています。エストロゲンによって整えられた環境を元に、受精卵が着床しやすいように、子宮内の環境を整えます。皮膚に対しては「皮脂腺の分泌を助長」するために、皮脂が出やすくなります。また、コラーゲンの合成を抑制してしまうため、肌のバリア機能は低くなります。

関連記事:
女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)とは?生理や妊娠への作用を知っておこう

このように見てみると、「肌にとってエストロゲンはいいホルモンで、プロゲステロンは悪いホルモン」と思われてしまうかもしれません。しかし、プロゲステロンは受精した卵子が着床し、妊娠を継続するうえでなくてはならないホルモンです。そのため、よりよい肌を目指すために大切なのは、「ホルモンを敵視する」のではなく、「それぞれのホルモンの働きに応じたお手入れを行う」こととなります。

生理前と生理中で違う肌荒れ改善法

エストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンによって、肌は変化します。「生理後から排卵が起こるまで」の期間はエストロゲンの働きが活発化するため、肌のバリア機能が亢進し、肌の調子もよくなるのです。しかし、ホルモンバランスが変化する「生理前」と「生理中」では、それぞれ異なる肌荒れが起こるリスクがあります。そのため、それぞれの状態に適した対策を行う必要があるのです。では、具体的にどのような改善法が適しているのでしょうか?詳しくみていきましょう。

【生理前の肌荒れ改善法】

生理前は、プロゲステロンが分泌されているため、「皮脂腺の分泌が促進」されます。そのため、「多く分泌される皮脂への対策」が必要となります。

基礎化粧品をさっぱりタイプへ変更

お肌のお手入れには欠かせない基礎化粧品。「お気に入りのブランドがあるから」と、年間を通して同じ基礎化粧品を使用していませんか?しかし、生理前は皮脂が多く分泌されるため、「乾燥肌用」のような保湿重視のものを使ってしまうと、皮脂が肌に残ってしまい、肌荒れの原因となりかねません。そこで、生理前は普段、乾燥肌の方でも「脂性肌用」、つまり「さっぱりタイプ」のものを使用することをお勧めします。

洗顔をしっかりと

kimochi_293
「洗いすぎると、肌がつっぱってしまうから」とお湯や洗顔料で軽く洗うのみ、という方も、生理前の時期は皮脂が通常よりも多く分泌されているので、肌トラブルの原因となります。そのため、しっかりと洗顔を行い、皮脂を洗い流すようにしましょう。

脂っこい食べ物を控え、ビタミンを積極的に摂取する

kimochi_294
皮脂が多いこの時期に脂っこい食事をしてしまうと、より皮脂の分泌を促進してしまいます。
脂っこい食べ物は控えるようにし、肌にとっての栄養となるビタミンを積極的にとるようにすることも、肌荒れに有効な対策です。ビタミンは果物や野菜に特に多く含まれています。普段はあまり野菜や果物を食べないという方は、生理前に意識して積極的に食べるようにしてみると、肌の調子がどんどん良い方向へ変わっていくはずです。肌によい果物としては、オレンジやグレープフルーツ、いちごやマンゴーなどが、野菜としてはニンジンやアボカド、かぼちゃなどがあげられています。特に果物は空腹時に食べるとよりビタミンが吸収されやすく、美肌効果を高めてくれますのでお勧めです。

【生理中の肌荒れ改善法】

生理中は、プロゲステロンの分泌が抑えられるため、ホルモンバランスがプロゲステロンからエストロゲンへ大幅に変わる時期であり、もっとも肌荒れしやすい期間となります。そこで生理中は、生理前とは全く違う肌荒れ改善法が、必要となります。

基礎化粧品を敏感肌用のものへ変更

生理中はホルモンバランスが入れ替わる時期です。そして肌も「皮脂が分泌されやすい時期」から「皮脂の分泌が抑制される時期」への移行期間となります。生理前に比べて肌の皮脂は減少している分、下の図のように乾燥もしやすく敏感という時期になります。そのため、基礎化粧品も「さっぱりタイプ」から「敏感肌用」へ変更し、洗顔を行いつつ、保湿を行う必要があります。

kimochi_295

睡眠を十分にとることを意識する

kimochi_296
生理中は精神的に不安定になりやすく、イライラしてしまいがちです。イライラはストレスを助長してしまうため、肌にも悪影響をもたらします。そんな時の対策としておススメなのは、「良質な睡眠を十分にとる」ことです。良質な睡眠には肉体的・精神的な疲労回復の効果があり、肌の代謝も促進させます。そのため、生理中は特に「睡眠を十分にとることを意識」しましょう。ただし、過度の睡眠は逆効果になりますので注意が必要です。

漢方薬でホルモンのバランスをコントロール

女性の肌は、女性ホルモンの影響を大きく受けます。そのため、過度の肌荒れに対しては薬によってホルモンのバランスをコントロールすることで、改善が期待できます。漢方は、自然由来の成分のみで構成されているため、副作用もほとんどなく、また出たとしても西洋薬に比べて症状が軽いのが特徴です。ホルモンバランスが崩れている原因に合わせ、一人ひとりにあった漢方が処方され、身体そのものの調子を整えることで、肌の調子を整えることができます。

まとめ

肌は、生理周期によって変化しています。ですので、肌荒れ対策として、自分の生理周期を把握することも大切です。

カラダのキモチはこちら

この記事の監修

山村真子
約10年の看護師生活を経て、現在は医療ライターとして活動中。 モットーは「医学書に基づいた確実な医療情報を、誰にでもわかるように解説する」。家では二児&二匹の母兼主婦。
※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。