女性のライフステージに合わせた情報をお届け

妊活
公開日 :
更新日 :

【妊活座談会】妊活のストレス発散法&おすすめグッズを教えて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


毎日基礎体温を計って、排卵日に妊活!今回はまさに今妊活中の4人に、妊活にまつわる本音をたっぷり語ってもらいました。『生理の度に落ち込む』、『のんびり構える夫との温度差にイライラ』『両親からのプレッシャーが辛い』など、とかく妊活はストレスがたまるもの…。

皆さんは一体どうやって発散しているのでしょうか?妊活中に気を付けていることやおすすめグッズなどの紹介もあり、妊活中のみなさんが知りたい『生の情報』満載の座談会になりました!

座談会参加者のプロフィール(仮名・順不同)

美穂さん(主婦・20代後半)妊活を始めて3ヵ月
今年の2月に会社を辞めて今は専業主婦。来月から資格を取るための学校に通う予定です。結婚した時期は今年の6月で3か月前から妊活を開始。趣味や好きなものはダンスとドライブ。ダンスは学生のころからずっとやっていたので、見るものも踊るのも大好きです。ドライブは車を運転するのも乗って色んなところに行くのも好きです。

 

沙織さん(会社員・30代後半)妊活を始めて約1年
会社員。2012年に結婚し、2016年秋ごろから妊活を始めています。犬が好きです。昔、実家で犬を飼っていたこともあり、道で犬を見かけると寄って行きたくなるくらい大好きなのですが、現在は飼っていません。

 

奈緒さん(会社員・30代前半)妊活を始めて3ヵ月
会社員。総務の仕事をしています。2016年12月に結婚。2017年7月から妊活を始めました。趣味は『ホットヨガ』ですが、最近は忙しくなかなかできていません。あと、昔から映画を見ることが大好きです。

 

明日香さん(会社員・30代後半)妊活を始めて1年3ヵ月
会社員。事務の仕事をしています。2016年3月に結婚。妊活を始めたのは2016年夏頃からで妊活期間は一年を超えました。趣味は美味しいものを食べることで、特にスイーツが大好きです。

どのような妊活をしてる?おすすめグッズを教えて!


妊活歴3ヶ月から一年超まで期間はそれぞれですが、皆さんは日々の妊活をどのように進めているのでしょうか?参考にしている情報源やおすすめの妊活グッズなどを教えていただけますか?

【奈緒さん】
「参考にしているのは、インターネットです。妊娠・出産情報サイトとか『カラダのキモチ』の監修の宋美玄先生のお話をチェックしています。またドラマ『コウノドリ』は毎週欠かさず観ています。妊活グッズは婦人用体温計を使っています。あと葉酸やビタミン、ミネラルなどのサプリを、みんながびっくりするくらい飲んでいます!主人にも葉酸や亜鉛、マカ、ロイヤルゼリーなどを飲んでもらっています。実は中身は何も言わずにケースに入れて渡しているので、多分本人は何を飲んでいるのかはきっと知らないです(笑)」

【美穂さん】
「情報源は妊活をしている人のブログですね。特に誰が、というわけでなく、色んな人のブログを読んでいます。あとは、去年出産した会社の先輩や、妊活をしている友達などから話を聞く感じですね。妊活グッズは婦人用体温計と、月経不順や冷え性に効く『当帰芍薬散』(とうきしゃくやくさん)という漢方を飲んでます。冷え性対策としては、腹巻きが付いているホットパンツを履いたり、カイロを使ったりしてます。」

【沙織さん】
「参考にしているのは、妊活アプリの『カラダのキモチ』です。日々自分の体の状態がどうなのかをチェックして、気になることがあるとインターネットで検索してます。妊活グッズは美穂さん、奈緒さんと同じ婦人用体温計と、葉酸サプリと貧血予防に鉄分サプリを飲んでいます。」

【明日香さん】
「私は3人と色違いの婦人用体温計を使っています。私も携帯の『カラダのキモチ』アプリと連動させています。サプリは葉酸と、黄体不全に良いと言われているビタミンE、ビタミンCの3種類を飲んでます。」

なんと全員がお揃いの婦人用体温計を使用中

偶然ですが、みなさんが持ってきた婦人用体温計はおそろいでしたね!アプリと連動出来る専用のものなのですが、とても使いやすそうです。

【明日香さん】
「10秒で測れるからほんと良くて。今までは90秒のタイプで寝落ちして、何回も測り直して遅刻しそうになってましたが、これだとすぐ簡単に測れるんです。」

【沙織さん】
「私はPMS(月経前症候群)がひどくて、医師に基礎体温を付けなければいけないと言われていて。ただ、この(10秒で測れる)体温計にたどり着くまでは、測り忘れたり、測りながら寝落ちすることもあって、付けられないことが度々ありました。」

【美穂さん】
「私も同じ婦人用体温計を使っていますよ。」

【奈緒さん】
「私も毎朝基礎体温をつけています。基礎体温を見て不安になったりもしますけど…。」

妊活の情報源は、やはりインターネットがメインのようです。妊活に欠かせない『婦人用体温計』は、10秒で手軽に測れたり、アプリと連動させてグラフにできたりと進化しています。『妊活に良い』と言われているサプリを利用している人が多いことにも驚きました。皆さん色々と勉強されているんですね。

妊活、始める前はどう思ってた?始めてみてどうですか?

妊活は実際にやった人にしかわからないところも多いですよね。みなさんは妊活を始める前はどんなイメージを持っていましたか?また、実際に妊活を始めてみて、イメージが変わった部分などはありましたか?

【沙織さん】
「正直、始める前は何のイメージも持っていなくて。『体温を測ったりとか、色々と大変そう』くらいで、他人事な感じでした。結婚して5年が経って、親がだんだん歳をとってくると言うんですよね、『孫が見たい』って。そんなにしつこくはないんですが、自分も歳が歳だったので『やるしかないな』と腰を上げた感じでした。

でも実際始めると大変で。1か月がとにかく長いんです。授かろうと思ったらドンピシャのタイミングを狙うことになるんですが、そこを外すとまた1か月待たなくちゃいけなくて・・・次のタイミングを待つ間、ずっとそのことばかり考えてるのがとにかく辛いですね。」

【明日香さん】
「私は昔から子どもがほしかったので、結婚してスタートラインに立てたと嬉しさと、とにかく早く赤ちゃんに会いたいワクワク感がありましたね。ただ、芸能人の方とかを見ていて、不妊治療が大変そうとか、お金がかかりそうというのはわかっていたので、自分の年齢も考えて結構厳しいだろうなとは思っていました。

始めてからは、毎月排卵が終わって生理が来るまでの期間が本当に長くて、基礎体温が高い低いで喜んだり悲しんだり…。とにかく疲れて『もう今回はいいかも』って感じのときもありました。あと、仕事の休憩時間とかに携帯で妊活について検索するんですけど、色んな情報があって全部信じてはいけないと思いながらも、一喜一憂してしまいます。」

【奈緒さん】

「私は結婚して時期がきたら自然に妊娠するものだと思っていたのですが、現実は上手くいかなくて。初めは妊活をしている自分が信じられませんでした。妊活をはじめて3ヵ月ですが、毎月生理が来る度にがっかりしてますね。

最初は妊活に対して『楽しみ』おか『ドキドキ』といったワクワクするイメージがあったのですが、今は『基礎体温の高低差がない』とか思い当たる心配事を片っ端から調べては不安になったりしています。現状が長く続くのなら不妊治療にかかるお金の不安もでてきますね。」

【美穂さん】
「私は先輩の話やメディアの情報から、妊活は『大変』『辛い』『女性だけが頑張る』というイメージを持っていました。でも、自分自身は『自然に授かるだろう』って思っていて、先輩の『なかなかできない』という話も他人事でしたね。
妊活を始めたころは、自分ばっかり気持ちが焦って、旦那さんの『自然とできるのを待てばいいんじゃない』という考えとの温度差にイライラしていました。

そのあと、『私だけ気持ちが先走ってるのが辛い』とか『生理が来たときは落ち込む』とか気持ちを旦那さんに聞いてもらうようになって、『やっぱり妊活は夫婦が協力しないとダメ』って思いましたね。同じベクトルを向いて頑張ることが必要だと思います。」

妊活自体は前向きなことですが、実際に始めると色々な不安や辛さがあるようですね。良くも悪くも検索すると色々な情報が手に入る時代なので、情報との上手な付き合い方も考えさせられます。妊活は夫婦が協力することが必要なので、辛さを1人で抱え込まずに夫に伝えて行くことも大切です。

カラダのキモチの活用法

皆さん婦人用体温計と連動させて『カラダのキモチ』アプリを利用されているようですが、実際にどんな風に活用されているのか教えていただけますか?

【明日香さん】

「私は体温計を買ったことがきっかけでアプリを利用しています。『カラダのキモチ』アプリと連動させて、毎日グラフを見てますよ。」

【奈緒さん】
「少ない秒数で測定できる簡単さと、手書きで記録しなくてもデータをアプリ上に残せる便利さが魅力で、体温計を買ったときからアプリを使っています。」

【沙織さん】
「私は有料版を使ってますが、有料版だと基礎体温のグラフがプリントアウトできるのと、生理周期に関して出て来るコメントがこちらのほうが詳しくて、自分の体の状態がわかるのかなと思って使っています。」

【美穂さん】
「私は最初無料版をトライアルで使って、その後有料版にしたんですが、有料版だと体温のグラフがプリントアウトできるので病院に持っていくのに便利なんですよね。あと、沙織さんも言っていたように、有料版だと毎日の体温について『高温期との差はこれくらい』とか『病院を受診したほうがいい』とか結構詳しいコメントがあるんです。それで実際に『病院に行こう!』と思ったりするのでとても助かっています。」

基礎体温は測りっぱなしではなく、その後グラフにして自分の体の状態をチェックすることが大切です。『カラダのキモチ』アプリと連動している婦人用体温計を使えば、体温計からアプリにデータが飛ぶので、いちいち記録しなくて済むのでとても便利ですね。有料版では基礎体温グラフのプリントアウト機能だけでなく、基礎体温の変化についてのアドバイスや、妊娠の可能性の高い期間や痩せやすい期間の表示など、さまざまなサービスが付いていますよ。
妊活を応援する「カラダのキモチ」アプリ(無料)を使ってみる♪

妊活は大変!ストレスはどうやって発散してる?

夫との温度差や両親からのプレッシャーなど、妊活中には色々なストレスがあるようですね。皆さんのストレス発散法を具体的に教えてもらえますか?

【奈緒さん】
「生理が来た日はお酒を解禁にして飲みます。食べたいものもたくさん食べて。主人にはあまり言い過ぎると負担になるので、『辛い、つらい』と騒がないようにしてますね。また同じ悩みを持っている友人とは『お腹はしっかり温めたほうがいいよ』『どこの病院が良いかな』という感じで、妊活が前向きになるような話をたくさんして、お互いに頑張ろうと励まし合っています。

【明日香さん】
「私も友人に聞いてもらったり、美味しいもの食べたり、買い物したりするんですが、それって 根本的な解決になってないなと…。で、結局旦那さんにぶつけてます。ケンカしたり泣いたりしますけど、自分の気持ちが言えて発散できるので。
気持ちを伝えることで旦那さんが少しずつ歩み寄ってくれているのを感じるので、それがストレス発散に繋がっていますね。」

【沙織さん】

「生理が来た時は辛いですが、ストレスを感じる以上に体のしんどさがあって、それでうやむやになって生理が終わった頃には気持ちがリセットされてます。あと、『いいタイミングが取れない』というストレスもあるんですが、お互い仕事があるとかでどうしようもないときは、言ったってどうにもならないので一旦忘れて、『次はいい状態になるように!』って気持ちを切り替えています。」

【美穂さん】
「私も、明日香さんと同じで他のことでストレス発散しても根本的な『もやもや』はなくならないので、旦那さんに話すようにしてます。前まではヒステリックになったりしていたんですけど、言ったあとに雰囲気が悪くなるので、今は『伝える』感じで、自分の思っていることを相手の負担にならないようにやんわりと言うようにしてます。」

ストレスは体の不調に繋がるので、『いかにストレスを発散するか』は妊活成功のカギになってきそうですが、『夫に話す』という形で上手くストレスを発散されている方が多いですね。気持ちを伝えると、『話すとスッキリする』だけでなく、妊活への理解が深まるのがいいですね。

座談会を終えて…

赤ちゃんを迎える妊活は、前向きな活動であるのですが、実際には、『夫とタイミングが合わない』、『両親からのプレッシャー』など、様々なストレスがあるようです。そんな中で、皆さんそれぞれに日々妊活のために色々と勉強し、自分の体と真摯に向き合っていらっしゃるのが印象的でした。

『カラダ』と向き合うということは、揺れる『キモチ』とも向き合わなくてはならないということ。辛い時は1人で抱え込まず、身近な信頼できる人に話して一緒に頑張っていくことも大切ですね。日々コツコツと妊活を頑張っている皆さんへ、心からのエールを贈りたい!そんな気持ちになった座談会でした。

この記事の編集

カラダのキモチ
カラダのキモチ編集部
※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。