女性のライフステージに合わせた情報をお届け

マタニティ
公開日 :
更新日 :

妊娠週数の数え方と週数による体の変化やケア方法を知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠0週0日目は、いつか知っていますか?妊娠週数を正しく知るために、妊娠週数の計算方法と、週数によるママの体の変化やケア方法を紹介します。

妊娠週数の数え方は?

昔から、十月十日(とつきとおか)といわれるように、妊娠期間はおよそ10カ月間です。妊娠週数とは、妊娠から出産までの期間を7日間(1週)で区切り計算したもので、最終月経開始日から280日後の妊娠40週0日が出産予定日となります。

最後に来た生理の初日が妊娠0週0日目

週数を計算する上で迷ってしまうのが、どこから数え始めるのかということ。性交渉をした日や受精した日と考える人も多くみられますが、実際には最終月経開始日からになります。
WHO(世界保健機関)による受精から出産までの日数に関する調査では、妊娠期間の平均は280日±15日。この結果を受けて、妊娠の正常持続日数は最終月経開始日から280日、1カ月は28日間、1週は7日間という指針が定められました。

妊娠週数を計算してみよう

最後の生理が始まった日が妊娠0日となり、妊娠0日から6日が妊娠0週、妊娠7日から13日が妊娠1週と数えていきます。
仮に、1月1日を最終月経開始日とした場合を以下に記載します。
1日から7日が、0週の0日から6日、1月8日から14日が1週の0日から6日…と続いていきます。ただし、この計算は、生理周期が28日であることを基準にしているため、生理周期が異なる人の場合は誤差が生じます。

妊娠週数の計算例

月日 妊娠週数
1月1日
★最終月経開始日
妊娠0週0日
1月7日 妊娠0週6日
1月8日 妊娠1週0日
1月14日 妊娠1週6日
1月15日 妊娠2週0日

次の章からは、妊娠週数ごとの母体の状態とケア方法を紹介します。

妊娠初期(妊娠4週から15週)の体の状態とケア方法

生理が遅れたら、まずは基礎体温をチェックしてみましょう。生理が遅れ、高温期が19日以上続いている状態なら、妊娠の可能性も考えられます。
まずは、市販の妊娠検査薬で調べてみましょう。妊娠検査薬は、妊娠すると分泌されるホルモンが出ているかどうかを尿をかけて調べるもので、ホルモンが増える妊娠3週後半から反応が出るようです。
それ以前に検査しても陰性となることもあるので、反応が出ない場合は1週間後くらいに再チャレンジを。また、尿が蒸発すると反応が出ることもあるため、陰性であっても乾くまで少し待ってみることをおすすめします。

妊娠検査薬で陽性反応が出たら、病院へ行きましょう。ただし、超音波検査で確認できるのは、赤ちゃんを包んでいる袋のような胎嚢(たいのう)が2mm以上になってから。また、超音波検査で赤ちゃんが見えても、妊娠の確定を行うのは心拍が確認できてからになります。あまり早く行っても確認ができませんので、妊娠5週目頃を目安にするといいでしょう。

妊娠初期の体の状態

つわり

妊娠4週から6週くらいに始まり、一般的には12週頃には落ち着いてきますが、中には全くないという人や出産まで続く人など個人差があります。

便秘

妊娠初期の便秘は、黄体ホルモンが腸の働きも抑えてしまうため起こりやすくなります。

イライラ、涙もろい、眠気など

マイナートラブルの症状や重さは人それぞれですが、これも体の中で妊娠の準備が着々と進められている証拠なので、無理をせず過ごしましょう。

妊娠初期の体のケア

妊娠が分かったら、食生活を見直すチャンスでもあります。なるべく、主食(炭水化物)・主菜(肉や魚等のタンパク質)・副菜(野菜のおかず。市販品でもOK)をそろえ、バランスよい食生活を。その上で、以下のようなポイントも意識しましょう。

葉酸を摂るようにする

葉酸は、赤ちゃんの細胞分裂に重要な役割を果たし、先天性障害を防ぐ上で大切です。ブロッコリーやほうれん草など葉物野菜に多く含まれます。1日の推奨摂取量は400μg。妊娠3カ月までは意識的に摂取しましょう。取りにくい場合は、サプリメントでもOKです。

つわり対策にはショウガエキスがおすすめ

オーストラリアの大学で行われた臨床試験では、ショウガを摂ることで、妊娠初期に起こるつわりの軽減効果が確認されたといいます(※)。試験で使われたショウガは乾燥粉末で1日分1g、すりおろしショウガ小さじ1杯相当です。妊娠前から摂っていると、つわりが軽くなるともいわれています。
※出典 A Randomized Controlled Trial of Ginger to Treat Nausea and Vomiting in Pregnancy

水銀を多く含む魚は控える

キンメダイやメカジキ・クロマグロ(本マグロ)などの、水銀が比較的多く含まれているといわれる魚は、妊娠中は週に1回程度にしましょう。

無殺菌の乳製品や生肉などは避けるのが無難

これらの食品には、トキソプラズマやリステリア菌に感染するリスクがあります。感染すると、流産や早産などの恐れも。刺身や生ガキなども食中毒のリスクがあるので、避けた方が無難です。

妊娠中期(妊娠16週から27週)の体の状態とケア方法

妊娠中期は、安定期とも呼ばれています。安定期とは、胎盤が完成し、体が安定するという意味で、医学用語ではありません。
不安定な症状や体調は落ち着きますが、引き続き体は変化していきます。何もトラブルが起こらず、何でもできる時期という意味ではないことを覚えておき、自分の体と相談しながらくれぐれも無理のないように過ごしましょう。

妊娠中期の体の状態

腰痛

ホルモンの影響で骨盤が緩くなり、周囲の筋肉が緊張して起こります。骨盤ベルトやサポーターなどで楽になることも。

頻尿・膀胱炎

大きくなった子宮が膀胱を圧迫し頻尿に。排尿時にしみるようなら膀胱炎の可能性もあるので、医師に相談を。

お腹に血管が圧迫され、下半身の血流が悪くなることで起こります。

おりものの変化

ホルモンの影響でおりものが増えます。かゆみを伴う、少量でも血が混じるようなら医師に伝えましょう。

妊娠中期に注意したい症状は以下になります。

お腹の張り

短時間の張りは生理的なものがほとんどなので、安静にすればOK。何度も張る、痛む、出血があるなど普段と違う時は早めに受診を。

むくみ

脚だけでなく顔や手もむくむことが続く時は、妊娠高血圧症候群も考えられるので、医師に相談を。

妊娠糖尿病

家族に糖尿病の人がいるなど、リスクが高い傾向にある人は、医師に伝えましょう。

妊娠中期の体のケア

体重管理を始めよう

つわりが落ち着いたら始めましょう。妊娠中期のカロリー摂取量は、通常時の1日当たりプラス250kcalです。

貧血対策に鉄分を摂取しよう

お腹の赤ちゃんに栄養を送るため、血流量が増えるので貧血になりがち。鉄の摂取を意識して。1日21.5mgが目安。

水分をしっかり摂って便秘対策を

水分をよく摂り、市販薬でなく、便を柔らかくしてくれる酸化マグネシウムを処方してもらいましょう。

妊娠後期(妊娠28週から39週)の体の状態とケア方法

妊娠後期になると、お腹も大きくなり、体に負担がかかってきます。みぞおち辺りまで子宮が広がり、圧迫感や息苦しさを感じる人も多いでしょう。また、出産が近づき、気持ちが高まってきます。

妊娠後期の体の状態

胃痛、胸やけ

大きくなった子宮が、胃を押し上げるため起こります。少量ずつ食べるようにしましょう。

お腹の張り

頻繁になってきますが、生理的なものがほとんど。いつもと感覚が違ったり、痛みを伴ったりする場合は、必ず医師に相談を。

動悸、息切れ

体内の血液の量が増え、心臓に負担がかかるため起きます。これも生理的なものがほとんどなので、ゆっくり動くなどして工夫を。

妊娠後期に注意したい症状は以下になります。

出血や強い下腹部痛

少量でも出血や強い下腹部痛がある場合は、常位胎盤早期剥離などの可能性もあるので、なるべく早めに受診しましょう。

破水の疑い

破水かも?と思ったら、連絡後、速やかに病院へ。

胎動が少ない

1時間ほど様子を見て、もしも感じないようなら受診を。

頭痛や目の前がチカチカする

妊娠高血圧症候群の疑いも考えられます。早めに受診を。

高熱

風邪などで高熱が出た場合は、赤ちゃんに影響することもあるので、早めに受診を。

妊娠後期の体のケア

カルシウムを摂取しよう

妊娠中だけでなく、産後もカルシウムが不足しがちに。意識して摂取する必要があります。目安は1日650mgです。

寝る時はシムスの体位を

大きなお腹で、仰向けや同じ姿勢が苦しく寝にくい時は、左側を下にして横になるシムスの体位を参考に、楽になる体勢をとるようにしてみましょう。

シムスの体位

この記事の監修

宋 美玄 (ソン ミヒョン)
丸の内の森レディースクリニック 院長 医学博士
日本周産期・新生児学会会員
日本性科学会員
2児の母であり子育てと産婦人科医を両立。テレビ・ラジオ・雑誌連載などメディアへの積極的露出で“カリスマ産婦人科医”として様々な女性の悩み、女性の性、妊娠などについて女性の立場からの積極的な啓発活動を行っている。

丸の内の森レディースクリニック
https://www.moricli.jp

※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。