女性のライフステージに合わせた情報をお届け

マタニティ
公開日 :
更新日 :

妊活の基本は基礎体温を測るところから!上手な活用の仕方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

望めばすぐに子どもが出来るものと思っている人も少なくはないでしょう。しかし、現実にはそう思うようにはいかないものです。そろそろ子どもが欲しいと思ってもなかなか妊娠しないという悩みを抱えている人が増えています。
なかなか妊娠しない理由は様々ですが、まずは自分の身体のことを知ることが妊活の第一歩です。妊娠のためには基礎体温を測ることから始めましょう。自分の基礎体温のグラフから見えてくることはたくさんあります。

妊活のスタートは基礎体温を測ることから

妊活しようと思い立っても、いったいどうすれば良いのか迷ってしまいます。なかなか人に相談しにくい話題ですし、いきなり病院に行くのはちょっとためらわれます。まずおすすめしたいのが基礎体温です。もし病院に相談に行ったとしても、最初に基礎体温を測って欲しいと求められるでしょう。妊活のスタートは基礎体温を測ることと言っても過言ではありません。
基礎体温は通常の体温計より細かな値を計測できる婦人用の体温計で計測します。メモリー機能やスマホに転送してグラフ化など、便利な機能が付いた製品が多く販売されています。婦人体温計で毎朝目覚めたらそのままの姿勢で計測するだけです。

基礎体温を測ると何がわかるの?

子どもを授かりたいと考えていても、そもそも妊娠についてどのくらい知っているでしょうか。結婚前は避妊のことは学んでいても、妊娠についてはあいまいな知識しかないのではないでしょうか。知っていると思っていても誤った知識だったり、間違っていたりするものです。
まずは妊娠したいと考えるならば、月経について理解する必要があります。妊娠するために、生理周期について知ることはとても重要なことです。生理周期を把握することで妊娠しやすいタイミングや隠れた不調が見つかるきっかけとなります。月経のような出血があっても排卵していない状態である無排卵月経も、基礎体温のグラフから判明することがあります。無排卵月経であればいくら頑張っても排卵していないので妊娠には至りません。基礎体温の計測は、少なくとも3カ月は計測を続けるとよいでしょう。

高温期と低温期のサイクルを知ることが大事


基礎体温を計測し折れ線グラフを作っていくと、次第に低温と高温の部分に分かれてきます。排卵に向かっている時期は卵胞ホルモンが分泌されるために体温は安定し低温となります。それに対して排卵すると高温になります。これは排卵後に黄体から黄体ホルモンが分泌されるためです。この高温期は2週間程度続きます。排卵は、低温の最後の谷底にあたる期間から高温2日目までにみられると言われています。

もし排卵がない場合には体温はずっと低温のままで変化が見られません。卵巣そのものの働きに問題があるかもしれません。黄体化ホルモンに異常がある場合もあります。この場合は速やかに病院へ行きましょう。

妊娠しやすい期間がわかれば妊娠率が上がる

妊娠したいからと言ってやみくもに動いても結果は伴わないでしょう。妊娠の確率を上げるためには女性の排卵日と基礎体温から妊娠しやすい時期を狙って性交渉をもちましょう。不妊治療に行って病院でまず勧められるタイミング法というのも基本的には同じことです。
卵子の寿命は排卵後の半日から1日ですが、精子の寿命は2日から3日あります。そのため、排卵日以降に性交渉を持つよりも、排卵数日前に交渉を持った方が妊娠の確率は上がります。イメージとしては卵管にたくさんの精子がいて卵子を迎える感じです。排卵日との性行為のタイミングで妊娠率が大きく変化するので、ちょうど良いタイミングを計りましょう。

基礎体温を見れば不調の原因もわかる

子どもが欲しいと思って行動していてもなかなか妊娠しないなら、身体になにか原因が潜んでいるかもしれません。生理が来ていれば妊娠できるという簡単な仕組みではないのです。
生理があるからといって必ずしも排卵があるとは限りません。無排卵月経という病気では受精するための卵子が放出されていないため、いくらタイミングを合わせて性交渉を持っても妊娠には至りません。こうした体のトラブルは自覚症状がないので気づけません。しかし、基礎体温を測ることで折れ線グラフが2層に分かれていないことが分かります。そこから自分で不調を発見できるのです。

基礎体温の正しい測り方は?


基礎体温は安静時の体温のことです。毎朝目が覚めたら布団に横になったままの状態で体温を測りましょう。起き上がったり、しゃべったりしてはいけません。出来るだけ決まった時間に習慣づけることが大事です。ただ、寝坊して少しくらい時間が変わっても大丈夫です。神経質にならずに、まずは続けることを優先しましょう。
毎朝慌てずに計測できるように、婦人体温計や基礎体温グラフ、筆記具などはすべて枕元に用意しておきましょう。最近では、婦人体温計の中にグラフやメモを記録できるものや、スマホと連携できる管理アプリなどもありますので、活用してみるのもいいでしょう。
基礎体温グラフに計測した体温を記録しますが、それ以外にも月経開始日や月経量、性交渉の有無もつけておきます。体調で気になったことや出血などがあったときはあわせて記録しておきましょう。

この記事の監修

柴田 綾子
産婦人科医
2011年 群馬大学医学部を卒業。沖縄県にて2年間研修をし、 現在は大阪の淀川キリスト教病院で産婦人科医として研鑽を積んでいる。
※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。