HEALTH AND PRODUCTIVITY MANAGEMENT健康経営の取り組み

健康経営宣言

お客様にヘルスケアサービスを提供する企業として、『まずは自分が健康になる』を従業員行動指針にかかげ、従業員が生き生きと暮らし健康に働けるようさまざまな取り組みを実施していきます。
従業員が健康になることで本来持っている力を最大限発揮し、家族やお客様にも健康の輪を広げ、幸せな生活と社会を実現します。

私は、社員一人一人がワーク・ライフ・バランスのとれた健康で充実した生活を送ることが、活気にあふれ常にチャレンジをし続ける企業風土の源泉であると考えています。これまでも社員が健康で自分らしい働き方ができるよう様々な取り組みを積極的に進めてまいりました。
弊社の「健康経営宣言」はこのような考えや取り組みを背景に、社員自らが考えて創り出したものです。
今後も私自らが先導し、社員が健康で活力あふれる企業であり続けられるよう健康経営を推進してまいります。また弊社のヘルスケアサービスを通じて、お客様一人一人が健康で自分らしい生活を送るお手伝いをいたします。

代表取締役社長 和泉 正幸

組織体制

当社では、社長のリーダーシップの下、「社内担当部署(経営戦略部)」、「衛生委員会」、事業部横断型の「健康経営推進プロジェクトチーム」が主体的に関与・相互連携を図りながら、実行力ある体制づくりを行っています。

健康経営推進プロジェクトチームでは、自社の健康課題を把握し、年間の方針・改善計画を策定し、毎月2回程度の定例ミーティングを通じ、施策の検討・実施、効果検証の継続的なPDCAサイクルを回しています。
メンバーは経営戦略部を中心に、全事業部から1人以上選出してプロジェクトを進めることで、全社的な健康課題を「自分ごと」として捉えることができ、さらにはメンバーによる各事業部への 浸透を図っています。

現在の取組み

1現状把握

健康課題抽出のための現状把握

2主な課題の抽出
(スクリーニング)

アンケート結果に基づき、一般企業との比較分析(比較劣位となる項目の抽出)

主観的健康感(プレゼンティーイズム)との相関分析(より相関性の高い課題の抽出)

3各課題の評価指標の設定・計画の策定・施策の実施

抽出された課題に対する評価指標を設定

各評価指標の達成に向け、具体的な施策を計画、実施

事前・事後での施策の効果検証を実施

2017年度の改善項目

健康経営の取り組み (ドコモ・ヘルスケアの取り組み / ドコモグループの取り組み)

ドコモ・ヘルスケアの取り組み

1.睡眠力の向上
(実施時期:2017年度下期)

近年、日本人の睡眠時間は世界でも最低レベルと言われています。睡眠不足や睡眠の質の悪化が、仕事のパフォーマンス低下、事故やミスの誘発のみならず、生活習慣病やメンタル疾患につながる可能性も明らかになってきており、睡眠の重要性が強く認識されるようになりました。ドコモ・ヘルスケアにおいても、生活習慣アンケートの結果、従業員は就寝時刻が遅く、睡眠時間も短いことが分かりました。また、睡眠時間が「足りていない」と感じている人が他企業に比べて多いことも分かっています。睡眠に問題を感じている人が多いこと、睡眠が仕事のパフォーマンスとの相関が高いと考えられることから、改善項目の一つとして取り組んでおります。

目的

目的

  • ・睡眠に関する知識習得により、従業員の意識向上を図る
  • ・睡眠メソッドに基づくフォローアップにより、従業員のパフォーマンス向上を図る
施策

施策

  • ・菅原洋平先生による睡眠改善セミナー開催
  • ・睡眠状態の見える化
    (ムーヴバンド3で睡眠データ取得)
  • ・睡眠力向上に向けた情報配信及びフォローアップの実施

菅原 洋平 先生

民間病院精神科勤務後に国立病院機構にて脳のリハビリテーションに従事。その後ユークロニア株式会社を設立し、企業における睡眠マネジメントやクリニックでの睡眠外来を担当。科学的な根拠に基づいた対策を様々な現場の働き方に合わせて応用し、社員自らが能動的に改善に取り組む仕組み作りは、テレビや雑誌などでも注目を集める。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった「あなたの人生を変える睡眠の法則」等がある。

菅原 洋平 先生

民間病院精神科勤務後に国立病院機構にて脳のリハビリテーションに従事。その後ユークロニア株式会社を設立し、企業における睡眠マネジメントやクリニックでの睡眠外来を担当。科学的な根拠に基づいた対策を様々な現場の働き方に合わせて応用し、社員自らが能動的に改善に取り組む仕組み作りは、テレビや雑誌などでも注目を集める。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった「あなたの人生を変える睡眠の法則」等がある。

2.働き方・食事改革
(実施時期:2017年度下期)

サービスの開発・運営から人事・経理まで、様々な職種を少数の従業員で運営しているドコモ・ヘルスケアでは、時期によっては長時間の残業となり、夕食時間が不規則になりやすいという課題があることが分かりました。 そこで、ライフスタイルに合わせた働き方の促進や、時間栄養学に基づく食事改善を実施し、従業員のワークライフバランスの推進とベストなコンディション作りに取り組んでいます。

目的

目的

  • ・現行制度(在宅勤務制度等)の活用促進を通じ、更なるワークライフバランスの向上と、社員の健康増進を図る
  • ・食事栄養学に関する知識の浸透と、摂取に関する行動の改善を図る
施策

施策

  • ・社内説明会等を企画・実施し、在宅勤務の利用促進
  • ・自宅のパソコンを活用したテレワーク環境の整備
  • ・からだのリズムを整える自社サービス「Reborn MAGIC(リボーンマジック)」による社内対抗戦、ポスター等による残業時の補食摂取の勧奨運動、「株式会社おかん」様の社食サービスを利用した、オフィス内での補食摂取環境を用意

3.女性特有の健康課題解決
(実施時期:2017年度下期~)

女性はライフステージごとに、キャリアに大きく影響するライフイベント(妊娠、出産、育児)等があります。 また、多くの女性は生理前後に心身の不調を感じながら仕事に向き合っており、生理前後は通常時に比べ、パフォーマンスが低下することもあります。 ドコモ・ヘルスケアは従業員の約40%が女性従業員であり、約9割が女性特有の症状に悩んでいることがわかりました。 そこで、女性だけではなく男性含めた全社員が、女性の体に関する知識や不調時の向き合い方を知り、女性自身は日々のセルフケアを習得することで、女性の更なる活躍とパフォーマンス向上につなげます。

目的

目的

  • ・女性特有の健康課題やその対処法/向き合い方について、男女ともに正しい知識を習得する
  • ・女性特有の体調管理や不調時のセルフケアを習慣化し、パフォーマンス向上を図る
施策

施策

  • ・宋美玄先生による「女性の体に関する健康セミナー」の開催
  • ・「カラダのキモチ」による自己管理と対処の実践
  • ・PMS(月経前症候群)や月経時によいハーブティー(ティーバッグ)の社内提供

宋 美玄 先生

2児の母であり子育てと産婦人科医を両立。テレビ・ラジオ・雑誌連載などメディアへの積極的露出で“カリスマ産婦人科医”として様々な女性の悩み、女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓発活動を行っている。

宋美玄 先生

2児の母であり子育てと産婦人科医を両立。テレビ・ラジオ・雑誌連載などメディアへの積極的露出で“カリスマ産婦人科医”として様々な女性の悩み、女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓発活動を行っている。

ドコモグループの取り組み

ドコモグループでは健康経営を働き方改革の重要な柱として捉え、従業員一人ひとりのパフォーマンス向上が、生産性を上げ、新たな価値の提供につながり、また医療費増加の社会課題の解決にも貢献できると考えています

ドコモ・ヘルスケアは、これまでもドコモショップを含む全従業員に対し、社内ウォーキングイベント等の健康増進に積極的に取り組んでまいりましたが、今年度はさらなる取り組みとして、従業員の健康状態の見える化および個人にあったアドバイスを行うことにより、一人ひとりが自立して体調管理ができるようサポートしています。

ドコモグループの健康経営推進におけるドコモ・ヘルスケアの主なサポート内容

健康サポートLink

「健康サポートLink」 を活用した 「歩こうキャンペーン」 の実施
(2017年10月~11月)

2014年から実施している健康増進施策 「歩こうキャンペーン」 において、健康データ管理サービス 「健康サポートLink」 を活用することで、組織ごとにデータ管理・見える化が可能となり、組織独自の追加施策の検討・実施・効果の確認が柔軟に行うことができます。

リボーンマジック

「リボーンマジック」 を活用した生活リズム改善の実施(2017年10月~11月)

スマートフォンを利用した4週間のプログラムで、楽しみながら健康に関する知識を身に着け、生活リズム改善による主観的健康感の向上を図ります。

従業員の健康状態の把握

従業員の健康状態の把握(2017年8月、12月)

全従業員を対象に、生活習慣(運動、睡眠、食事、生活リズム、主観的健康感)に関するアンケートを実施、統一的に現状を把握し、施策効果分析、課題の明確化およびさらなる改善施策を検討・推進します。

これまでの取り組み