あなたの生活をちょっと健康に。

ウォーキング
公開日 :

【運動不足のアラサーダイエット奮闘記】ウェアラブル活動量計ムーヴバンド3を使って毎日1万歩歩いてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ライターの小林有希です。
突然ですがみなさん、運動していますか?

31才独身、ライターになって2年。座りっぱなしの日々が続き、運動を一切していないことに危機感を覚えています。

動かなきゃと思いつつも、スポーツ用品をそろえたり、ジムに通ったりするのは面倒。5年前にランニングを始めたら3日目にして断念したこともある脆弱な精神をもつ私ですが、とうとう先日過去最重量(52.2kg/160.3cm)を記録しました。

やばい。

炭水化物、そしてお酒が大好きなことも祟り、これまでどうにか保っていた痩せ型体型を維持できなくなりました。

やばい。

さすがに危機感を感じ、とりあえずウォーキングから始めてみることに。

ウェアラブル活動量計を使ってみよう!


健康維持なら8,000歩、ダイエットなら1万歩歩くのがいいらしいので、ウェアラブル活動量計「ムーヴバンド3を使って測定してみることに。腕時計のようにつけるだけで毎日の歩数を計測できると共に、活動量(消費カロリーなど)を自動で測定してくれるアイテムです。さらに早歩き・ジョギングの時間(アクティブ時間)も自動で測れる優れもの。

このムーヴバンドをつけて2週間、毎日1万歩を歩いてダイエットをするべく、我がままボディをなんとか奮い立たせてみせます!

少し長めの外出でも6,000歩。歩数が足りない!

今回のダイエットで設けたルールはこちら。

  1. 毎日1万歩歩き、一日30分は早歩き(アクティブ時間30分)をすること。
  2. ムーヴバンド3で、消費カロリー、歩数、アクティブ時間、移動距離を記録すること。
  3. 暴飲暴食は禁止。

2.を実行するには、ムーヴバンドを専用のスマホアプリ、「わたしムーヴ(WM)」と連動させる必要があります。無料なのでさっそくダウンロードし、日々の達成具合を記録してチェックしていくことに。

こちらがアプリの起動画面です。設定後は、アプリを起動すると自動で情報が更新されます。睡眠時間や食事などを事細かに記録していくこともでき、本気で健康になりたい人にもおすすめ。

1万歩という課題を達成するためには、歩幅を約70㎝とすると歩行距離は約7km。日々ウェアラブル活動量計で歩数を計測している友人からの前情報によると、毎日1万歩は余裕で達成するとのこと。

「これは案外楽かもしれない」と期待を込めて、スタート前の一日をテスト計測してみました。
その日の予定は、午前中に打ち合わせ一件のみ。その後、歩数稼ぎのために自宅から近い町を散策して帰宅しましたが、記録は6000歩。

あれ?
肌感覚では「結構歩いた」一日だったにも関わらず、歩数が全然足りません。
普段移動時に電車を利用しているため、移動距離はあるものの自力で歩いていないことが判明。これはまずい。

予想以上に甘やかしすぎた身体。1万歩ってしんどい

ここでプランを変更。
以前ランニングを辞めた理由は、同じ景色を2日見続けて「飽きた」から。とりあえず弾丸旅行を予定に組み込み、「いつの間にか歩いていた」状況をつくり、まずは歩行に慣れることから始めました。

旅行一日目、行先は鬼怒川温泉。スペーシアきぬがわに乗り込み、意気揚々と歩いていましたが、


しんどい…!
山々に囲まれた鬼怒川温泉地帯は坂道や階段がやたらと多く、町を歩くよりもきつい。追い打ちをかけるように、台風明けの日照りが体力を奪います。

そりゃこうなりますよね。
歩くのに慣れるどころか、嫌いになる一歩手前でふんばり、一日目は12,000歩で終了。

二日目には筋肉痛が襲い、階段を降りるときは足が小鹿のように震える事態に。
ウォーキングなら大丈夫だろうと思い、ウォーミングアップを怠っていたのですが、「ダイエットに効くウォーキング方法とは?」によると前後のストレッチが大切とのこと。特にウォーキング後は、運動後の老廃物を流し、入浴中の浴槽内でマッサージをすると、足瘦せ効果が期待できます。

反省し、温泉とストレッチを繰り返しなんとか3日間1万歩を達成しましたが、帰宅後に体重を測定してみると53.5㎏に。足がパンプアップして体重が増えているとは……。

気が緩むと1,000歩未満で終わる休日。これではいかん!

四日目。旅疲れで一日ゴロゴロしていると、15時の時点で歩数は230歩。

「外出しなくても2,000歩はいくのが普通」と友人に言われていただけに、この体たらくはまずい。

心機一転。夕方の鍛錬に向けて、まじめにウォーキングのコツを調べてみました。

服装については、ウォーキングを1時間以上続けると夏でなくても汗をかくので、吸湿性、速乾性の良いものにすること。シューズはつま先部分がよく曲がり、足の負担を軽減するために底にクッション材が入ったものを選ぶといいようです。

あまりきちんとした装備がないため、歩きやすいクッション材入りのサンダルと、アロハ柄の短パンで出発。気温が34度を超える中、2時間で7駅先まで往復すると汗が滝のように流れ出ました。久しぶりにデトックス感がすごい。

灼熱地獄の中、歩いているとムーヴバンドが突然振動!これは事前に設定しておくと、早歩きとジョギングの累積時間を知らせてくれるアラーム。事前にアプリで通知間隔を10分に設定していたので、10分間早歩きしたことを教えてくれました。

好きな音楽を聴いているとテンションが上がっていたのか自然と早歩きになっていた模様。調子に乗って少しランニングをしてみましたが、運動音痴の私が長続きするわけがなく1分後には肩で息をすることに。

慣れてきたら普段の歩き方、食生活も変えてみる

久しぶりに汗をかいたのが気持ちよく、ウォーキングに対して前向きな気持ちになってきた六日目。これまで「歩くぞ!」と決意して歩いてきましたが、そろそろ日常生活に取り入れたいところ。

ここで今回のルールにもある「30分は早歩き」を取り入れてみました。目標には、「1日に30分間早歩き」があるので、1日3回このアラームを確認できればOKということですね。
」歩くスピードを速くすると足が勢いよく前に出るため、歩幅も広くなります。
さらにふくらはぎを鍛えると、心臓から送られた血液が全身をめぐるため、基礎代謝が上がり、消費カロリーもアップ。下半身の引き締め効果も期待できるため、意識的に取り入れました。

汗をかきたくないときは、ヒールを履いて冷房が効いた室内でショッピングがてらウォーキングも。他にも2駅分しか電車に乗らないときは、節約もかねてウォーキングに振り替えています。お金も距離も、塵も積もれば山となる!

しかし打ち合わせや執筆が重なるとなかなかウォーキングの時間がとれず、ときには6000歩で終わってしまう日も。

歩けなかったときは、摂取カロリーを抑えるように食事をコントロールします。
歩いた距離に比例して消費カロリーが表示されるため、それよりもカロリーが少ない食事を心がけました。ウォーキングは体力を消費するために、素材の味を生かしたお肉と野菜が中心です。

暴飲暴食は禁物ですが、基本大食いなのでアルファルファなどでかさ増ししてお腹の具合を調整。

さて、2週間後私はどうなっているのでしょうか?

出不精は解消されたのか、結果発表!!




なんとかマイナス1kgでミッション達成!!
休日は1,000歩以下しか歩かない出不精人間が1万歩を達成し、無事痩せることができました。

しかし身体がなまっていたため、序盤は日中の暑さと筋肉痛で身体の疲れがなかなか取れずに苦戦。「ただでさえ歩くのもつらいのに」と文句を言っていた早歩きも、元々が早歩きだったらしく特に意識することなく達成できました。

ムーヴバンドをつけていると「今何歩だろう?」と途中で確認してやる気にもつながり(反面、焦りを感じることもあり)、午後に達成をすると一日の充実感が自然と湧きます

ウェアラブル活動量計ムーヴバンド3の公式サイトへ


一つ難点を言えば、新陳代謝が良くなったのか汗をよくかくようになり、昼前にはメイクがすべて落ちるということです。ただ昼間に歩いて血の巡りが良くなり、夜も疲れてぐっすり眠ることができているのか、朝には血色のいい肌になっているように感じます。

また落ちた体重を見るとわかる通り、ウォーキングによるダイエットは長期間続けることで効果がじわじわと現れてきます。急激な体重変化は望めなくとも、体力づくり、運動不足の解消などダイエット以外の目的も併せてもつことで、ウォーキングを自分の生活習慣の一部にできるといいですね。

ふくらはぎも心なしか細めになってきたため、私も2週間といわず、もう少しだけ続けてみようと思います。
目指せ、ふくらはぎに筋が入ったヘルシー美脚!!

ドコモのウェアラブル活動量計「ムーヴバンド3」はデザインもおしゃれで大人に似合うウェアラブルです。3つのカラーからお好きなものを選んでみてください。

ムーヴバンド3(13,800円・税抜)は、アマゾン またはドコモオンラインショップ から購入できます。
 

ムーヴバンド3

 

この記事の編集

小林 有希
フリーランスライター
慶応義塾大学文学部美学美術史学専攻卒業。ファッションバイヤーからフリーランスライターへ転身。アートから日常ネタまで執筆活動に勤しむ一方、むだな器用さから撮影小物づくり、スナックのママ、突撃インタビュアーなど多方面で活動中。
※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。