あなたの生活をちょっと健康に。

ウォーキング
公開日 :
更新日 :

専門家に聞く!効果的なウォーキング方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image1
「もうすぐ夏だしそろそろダイエットしなくちゃ!」と意気込んだのはいいものの、何をしたらいいものか。。。そんな方にはまずはウォーキングがおすすめです!
「でもウォーキングじゃ痩せられないんじゃ?」そんな声も聞こえてきそうですね。そんなことはありません。コツを知っていれば、ウォーキングだけでも十分ダイエットの効果が出ます。
そこで、効果的なウォーキング方法を健康運動指導士の先生に聞いてみました!
これからウォーキングを始める人も、今までウォーキングをしていたけど効果がなかった人も、是非試してみませんか?

早歩きを入れるとダイエット効果がアップする!

ウォーキングって距離と時間は気にするけど、スピードにも気を使っていますか?
同じ時間を歩く場合、早歩きを入れるかどうかでダイエット効果は違ってくるんです。でも早歩きをずっと続けるのは大変ですよね。そんな方には、ウォーキングの途中に早歩きを入れるのがおすすめです!普段よりぐっとスピードを上げて歩いて、疲れたらペースダウン。息が落ち着いたらまたペースアップ、これを繰り返してみてください。
通勤やショッピングなど普段の生活でも途中で早歩きを取り入れてみてもいいですよね。
image2

食後30分からウォーキング!

皆さんはウォーキングを“いつ”していますか?実はウォーキングをするタイミングも重要なんです。
食事のあとは血糖値が上昇し、上がりすぎると体脂肪が合成されやすくなります。血糖値が上がるタイミングで歩くと、上昇を抑える効果があるんですよ。体重が気になる人や、血糖値が高めなど健康診断結果が気になる人は、食後30分からのウォーキングがおすすめです。
通勤時間がウォーキングにはピッタリのタイミングなので、いつもより一駅分歩いてみませんか?
image3

歩数と睡眠を合わせてチェック!

昼間の活動量が増えると、夜の寝つきがよくなり、睡眠の質も向上するって知ってましたか?
個人差もあるので、自分にとってどれくらい歩けば、いい睡眠がとれるか、睡眠計で確認しましょう。よく眠れた日は、前日の歩数をチェック。逆によく眠れなかった日もチェックしてみると、快適な睡眠の目安を知ることができます。例えば8,000歩以上歩いた日は深い睡眠が多いなら、まずはこの歩数を目標に歩いてみましょう。
ウォーキングで睡眠の質まで改善できるなんて、一石二鳥ですね。
image4

いかがでしたでしょうか?お金も時間もかけずに健康維持、ダイエットができるウォーキング。始めてみて損はないと思いませんか。
 

ムーヴバンド3

 

この記事の編集

+healthcare編集部
健康に役立つ情報を発信中
※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。