あなたの生活をちょっと健康に。

からだデータ
公開日 :
更新日 :

【医師監修】寝苦しい夏は、冬より30分も睡眠時間が減少。快眠のコツはあの家電!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついにやって来た夏本番!ジメジメとした梅雨の湿気とおさらばしたかと思えば、今度は昼間の灼熱地獄、そして熱帯夜の到来です。皆さま、日々寝苦しい夜をお過ごしではありませんか?

ということで、今回は夏の睡眠に着目しつつ、ウェアラブル活動量計「ムーヴバンド3」の利用者26,302名の睡眠時間と中途覚醒時間を一年間に渡り調査しました。結果は概ね予想通り…夏は皆さま眠れていない傾向がでました!
調査と併せて、寝苦しい夏を乗り越える快眠のコツを、日本の睡眠医療における第一人者である医学博士で東京睡眠医学センター長の遠藤拓郎先生に教えていただきました。

1:男女とも、夏は冬に比べて睡眠時間が最大約30分減少!

WM(わたしムーヴ)に蓄積されたムーヴバンド3ユーザーの年間(2016年4月3日から2017年3月31日まで)の睡眠データを集計し、週ごとの平均睡眠時間を確認したところ、年間で睡眠時間が一番短い時期は7月末であることが判明しました。

2017年1月1日週では女性で平均393.3分、男性で平均375.8分眠れていますが、半年前の2016年7月31日週では女性366.9分、男性347.0分と、約30分ずつ平均睡眠時間は減少しています。なお、年間を通して女性の方が男性と比べ睡眠時間が長い理由は、女性の方が睡眠に関係するホルモンの分泌が盛んなためです。

2:夏は睡眠の途中で目が覚める時間も平均2分増える!

また、週ごとの平均中途覚醒時間を確認したところ、男女で多少週のずれはあるものの、夏は冬よりも平均2分ほど長く中途覚醒していました。僅差のように感じられるかもしれませんが、その分睡眠の質が低下するため侮れません。
睡眠時間が最も短くなる7月末は、多くの地域で梅雨明けし、天候に恵まれて気温が上昇します。やはり、この急激な環境の変化が体に負荷を掛け、睡眠時間の減少や中途覚醒を引き起こしてしまうのでしょうか。

3: 睡眠の質を下げているのは夏の気温の高さ?

さらに詳細に分析するため、全国屈指のヒートアイランド・東京都の平均夜間気温と平均睡眠時間および平均中途覚醒時間を比べてみました。


東京都においては、気温が上昇していく4月から8月にかけて平均睡眠時間は短くなり、平均中途覚醒時間は長くなる傾向にあることが分かります。やはり、夏に向けてジリジリと睡眠の質は低下していくようです。それぞれ、冬に向けても連動が見られることから、年間の気温変化と睡眠の質には関係があると考えられます。

なお、気温だけではなく、日照時間が長くなることや、長期休暇時のライフスタイルからも睡眠時間・中途覚醒時間への影響が見受けられますが、年間を通して見ると気温の影響は大きそうです。

夏の寝苦しい時期、快眠のコツは?

では、この寝苦しい夏の時期、私たちは一体どうしたら良い睡眠を取ることができるのでしょうか?ずばり快眠のコツを、遠藤拓郎先生に伺いました。

良い睡眠のためには布団内の温度を33℃くらいに保つのがベストです。そのためには、室内の温度をだいたい27℃から29℃くらいに設定するのが良いでしょう。この室温を保つために、エアコンをつけたまま寝ても構いません。
また、夏場の快眠には、部屋をドライに保つことが欠かせません。そのためにも、エアコンを用いて温度と湿度の管理に気を配り、快適に眠るための環境を整えるようにしてください。

エアコン、大切なんですね!つい風や音が気になって就寝時に「切」タイマーを入れてしまいがちですが、確かにその後暑くて真夜中に目が覚めてしまうことも…。無理はせずとも、風が体に直接当たらないように工夫しつつ、夜間を通してエアコンのお世話になりたいものです。

この先も9月末頃まで寝苦しい時期が続きます。体が疲れ切ってしまう前に、きちんと対策をして、より良い睡眠を心がけましょう。

<週ごとの平均睡眠時間および、中途覚醒時間に関する年間調査>
調査主体 : ドコモ・ヘルスケア株式会社
調査期間 : 2016年4月3日~2017年3月31日
調査方法 : WM(わたしムーヴ)蓄積データから算出した睡眠時間および中途覚醒時間
調査対象 : 「ムーヴバンド3」を利用している男女26,302人(男性:14,059人、女性:12,243人)

※本調査は、WM(わたしムーヴ)の利用規約、プライバシーポリシーに従い個人情報を特定できない統計データに加工して集計・分析を行っております。
 

ムーヴバンド3

 

この記事の監修

遠藤 拓郎
東京慈恵会医科大学卒業 医学博士
睡眠学会認定医師
日本精神神経学会 精神科専門医
女子栄養大学客員教授
慶應義塾大学医学部 睡眠医学研究寄附講座 特任教授
スリープクリニック調布、銀座、青山、札幌を開院し、現在はそれらを統合して東京睡眠医学センター長。祖父の代から三代で、九十年以上睡眠研究を続ける睡眠医療の専門家。
※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。