あなたの生活をちょっと健康に。

健康
公開日 :
更新日 :

ウェアラブル端末とは?機能と健康管理への活用法、目的別の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前から耳にするようになったウェアラブル端末。なんとなく知ってはいても、具体的にどんな事が出来るものか、ご存知でない方も多いのでは?ここでは、ウェアラブル端末ってなんなのか、一体どんな事が出来るのかを説明します。また、健康管理に便利な機能についても詳しく解説していきます。

そもそもウェアラブル端末とは

ウェアラブル端末とは、スマホやノートPCのように端末を携帯するタイプのものではなく、身に付けるタイプの端末のことを言います。端末を装着するだけで体の動きを細かくキャッチして動作してくれるため、一度装着したら使うために操作をしたり持ち直したりする必要がないのが大きな特徴です。
ウェアラブル端末は今、安全・簡単・正確に使える最新IT機器として、健康意識の高い人や新種のガジェットに興味のある方々から大変注目されています。

ウェアラブル端末の種類やメリット

ウェアラブル端末には、腕に付けるものや、衣服のように身に着けるもの、アクセサリータイプなど様々ありますが、今回はその中でも最近話題の「リストバンド型」「メガネ型」「クリップ型」の3種類をご紹介します。
ここでは、それぞれの特徴やメリットについて詳しくチェックしていきましょう。

リストバンド型


リストバンド型は、手首に装着するタイプのもので、ウェアラブル端末の中ではもっともスタンダードで人気です。実際に店頭や、装着している方をご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。付けるだけで日々の活動量や睡眠時間等を計測することができるため、取扱いも非常に簡単。中には、データをスマホやタブレットのアプリケーションに転送してデータ管理できるものあります。
また、リストバンド型は、コンパクトでシンプルなデザインのものを選べば、どのようなシーンでも違和感なく装着することができ、ファッションの邪魔をすることがないのも大きなメリット。そのため、ビジネスの場でも装着している方も大勢います。
気軽にウェアラブル端末を使いたい、まずはもっとも人気のあるタイプから試してみたい、という方は、ぜひリストバンド型がおすすめです。

メガネ型


メガネ型は、レンズ部分が透過性のあるディスプレイになっており、フレーム部分にコンピュータが内蔵されているのが特徴です。普通のメガネと同様耳にかけて使用し、視線を変えるだけで情報をコントロールできるのがメリットです。
とくに、メガネ型では、現実世界に仮想世界を掛け合わせる拡張現実技術(AR)を搭載しているものが多くあり、目に見える風景に画像表示をしてルートナビゲーションをする機能や、センサーで集めた情報を視界中に表示させて作業効率を上げる機能など、近未来感漂う独自の機能が注目されています。

クリップ型


クリップ型は万歩計のようにベルトやポケットに挟んで歩数や活動量を計測するタイプです。機種によって異なりますが、基本的には従来の万歩計機能に加えて、走行距離や消費カロリーを計測する機能が搭載されているといったシンプルな設計であることが特徴です。
構造がシンプルなだけに操作が簡単なので、最新ガジェットを使いこなしたい!というより、単純に日々の活動量を測定したいと考えている方におすすめです。

具体的にはどんな事が出来るの?


わざわざ手に機器を持つことなく、身に付けるだけで使える便利なウェアラブル端末。
ここからはそんなウェアラブル端末について、具体的にどんなことができるのかを詳しく見ていきましょう。

睡眠や歩数などの健康管理

1日の睡眠、歩数、運動量、消費カロリー等を測定します。睡眠のリズムや質、活動量を把握できるので、生活習慣改善やダイエットに最適。より細かに健康管理をしたい場合は、血圧や心拍数を計測できる高機能端末を使うのも良いでしょう。しかし、高機能になればなるほど高額になるため、まずは活動量計機能と睡眠状態を計測できるスタンダードなものからトライすることをおすすめします。

通話・メールやSNS

スマホと連携することで、電話やメール・SNSの着信をウェアラブル端末に通知することが可能です。
スマホ操作をできない場所や移動中でも、連絡を漏らさずキャッチすることができるので便利です。

ARを使ったゲーム

AR技術を使って現実世界とゲームの世界とを一体化させることで、よりリアルに、よりアグレッシブにゲームを楽しむことができます。

健康への活用法・目的別選び方

お伝えしてきたように、ウェアラブル端末には複数の種類があり、それぞれに便利な特徴がありますが、やはり「健康を維持するためにウェアラブル端末を使いたい」という方が多いのではないでしょうか。
次からは、健康管理のためのウェアラブル端末活用方法、そして目的別の選び方について解説します。

健康管理にスポーツ・運動を取り入れている方

リストバンド型のウェアラブル端末は、歩数・ランニング時間・距離等を測定して手元でディスプレイ表示をすることが出来るので、運動中にディスプレイを見るだけで、どれぐらい運動できているのかを即座に把握することが可能です。

スマホやタブレットと連携してデータ管理をすれば、日々の運動量の推移をグラフ化でき、「昨日より今日」とモチベーションを上げることができますね。
健康管理を目的にウェアラブル端末を選ぶなら、「計測したい機能が搭載されている」こと、「動きながらでも見やすいディスプレイである」こと、「動きの邪魔にならないシンプルデザインである」こと、をポイントに選んでみてはいかかでしょうか。

毎日の睡眠で心身ともに健康になりたい方

「寝たのに昼間眠たくなる」「朝起きるのが辛い」など、睡眠に対して不安があるならウェアラブル端末を使って睡眠改善をしましょう。
ウェアラブル端末を身に付けて寝れば、睡眠時間と睡眠の質(浅い・深い等)を計測することができるので、そのデータを元に自分の睡眠傾向を把握し、改善をすることができます。実際、ウェアラブル端末を使って睡眠管理を始めたことで、寝る前の行動を見直したり、寝具を自分に合うものに変えたりと、意識が睡眠に向くようになったという人もたくさんいます。
睡眠改善のためにウェアラブル端末を導入するなら、端末を装着したことでかえって寝辛くならないように、付け心地の良いものを選びましょう。シリコン素材を使ったリストバンドタイプの端末であれば、肌馴染みが良く軽いので睡眠中も気になりません。

ダイエットの補助として活用したい方

ダイエットを効率的に成功させるためのツールとしても、ウェアラブル端末は人気です。
身に付けるだけで、1日の活動量を細かく測定して管理してくれるので、毎日どれぐらいカロリーを消費しているのかを簡単にチェックすることが可能です。消費カロリーを知ることができれば、後は摂取カロリーを消費カロリー以下にするだけ。一日の食事内容から摂取カロリーも管理できるアプリを使ってデータ管理をすれば、より簡単にダイエットを進めることができます。
このように、ダイエット補助としてウェアラブル端末を活用したい方は、正確に活動量を測定できるもので、スマホやタブレットと繋げてダイエット記録を付けることができるタイプの端末を選びましょう。
また、つい身に付けたくなるようなオシャレなデザインであることもポイントにしてみては?付けるのが楽しみになると、ダイエットも前向きにチャレンジできますよね。

いかがでしたか?
身に付けるだけで自分の体を正確に把握できるウェアラブル端末。
ぜひ目的に合う端末を使って、より便利でより快適な生活を始めてみましょう。
きっと今までとは違った効率的な健康管理が実現するはずです。
 

ムーヴバンド3

 

この記事の編集

+healthcare編集部
健康に役立つ情報を発信中
※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。