あなたの生活をちょっと健康に。

運動
公開日 :
更新日 :

【医師監修】運動不足を解消するために毎日の習慣を見直そう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運動不足を自覚している方は多いのではないでしょうか。

「面倒だから」
「運動が嫌いだから」、
「忙しくて運動する時間がとれない」
など、理由は様々でしょう。

しかし、意識的に体を動かすことでストレス発散になり気分もすっきりしますし、心地よい疲れでよく眠れます。
また、筋力がつくと基礎代謝が上がり太りにくくなるので、体を動かすことを毎日の生活の中に少しずつ取り入れて、心身共に健康になりましょう。

今回は、運動不足によって引き起こされる体への悪影響や、日常生活のちょっとしたコツで運動不足を解消するコツなどをお伝えします。  

 

健康美が遠ざかる!運動不足が体に与える悪影響とは

いつまでも健康でありたい…
とだれでも思うのではないでしょうか。
運動不足に陥ってしまうと、体の筋力が落ちて基礎代謝が下がり、同じ食生活を続けていても太りやすくなることがあります。

また、年齢を重ねると自然に代謝は落ちていきますので、意識的に筋力をつけるようにしないとボディラインも崩れてくる原因になることも。
さらに、体を動かさないことでストレスがたまり、食べることで発散し、健康美から遠ざかってしまう…
という事態にもなりかねません。
このように運動不足が、体にさまざまな悪影響を及ぼしているのです。

この状態が進んでいくと将来メタボリック体質になったり、動脈硬化や生活習慣病など病気の元になったりする可能性もあります。
運動不足だと筋力が落ちてしまい疲れやすくなったり、回復に時間がかかりやすくなります。
生活習慣が変わったわけではないのに体重が増加している、不眠、体が重いなどの自覚症状があるときも、運動不足である可能性があります。

運動不足に陥る原因とは

運動不足になるのは、デスクワークで車通勤、など毎日の仕事の中で体を動かすことが極端に少ない生活スタイルになっている場合です。
また、家で仕事をしている方も運動不足になりがちです。

しかし、運動する時間を捻出することが難しい場合は、意識して体を動かさなければとたんに運動不足になります。
一方、時間にある程度融通がきく方であっても、元々運動する習慣がなかったり、体を動かすことが嫌いだったりすると、やはり運動不足になるものです。

運動不足に陥る原因は色々ですが、日々の生活に運動を取り入れる工夫をするのは、実はそれほど難しく考える必要はありません。
気軽にまずは試してみようと思うこと、無理のない範囲で楽しく始めてみることが大切です。

さらに、自分の生活スタイルを見直してみてみましょう。
1日どれくらい歩く時間があるのか、日常生活の中で少し運動への意識を向けてみてはいかがでしょうか。

参考: 30分のウォーキングでもダイエットに効果がある?消費カロリーはどれくらい?
https://www.d-healthcare.co.jp/column/walking170531-2/

毎日の習慣に!手軽に実践できる運動メニュー

階段
高額なジムや特別なトレーニングの費用を支払ったけれど、家から遠くて通えなくなっては本末転倒です。運動は手軽にできるものから始めることが大切です。
毎日の習慣になるような運動であればさらによいでしょう。

例えば、
・運動するための時間がなかなかとれないという方
駅や会社での移動はエレベーターではなく階段を使うといった工夫だけでも運動不足解消になります。

階段

家で仕事をしている方

買い物に行くお店を複数に増やし歩く時間を長めにしてみてはいかがでしょうか。運動量が自然に増えたり、お買い得品が見つかったりなどのメリットがあります。

買い物

 

手軽にできる運動メニュー

自宅でもできるヨガやストレッチなどを取り入れることです。
気分もすっきりしますのでイライラの解消になります。

また、デスクワークで椅子に座っているときに背筋を伸ばし姿勢を正すだけで筋肉を使います。
通勤電車の中でつま先立ちをしてみるだけでもちょっとした運動になります。

誰でもできるエクササイズ「7秒かけて座るだけダイエット」

手軽にできるエクササイズとして、工藤内科の工藤孝文先生が、ダイエット外来の患者さんにおすすめしているが、「7秒かけて座るだけダイエット」。
毎日、何度も行っている「椅子に座る」時に、ゆっくり7秒かけて座るだけです。
両腕を前に伸ばして、前かがみにならないように気を付けて行うのがポイント。

7秒エクササイズ座るたびに、下半身の筋肉が刺激され、基礎代謝が上がって、1日の消費エネルギーが増えます。 デスクワークで座る機会が多い方には、ぴったりかもしれません。

もっと詳しく知りたい方は、こちらを参照してみてください。
『たった7秒で座るだけダイエット』(工藤孝文・著)
http://www.shinyusha.co.jp/media/7sec-diet/

 

継続は力なり!毎日運動を続けるポイントとは

運動
毎日運動するのはやっぱり面倒と感じたら、
目標を高くしすぎず、ちょっと頑張ればできるくらいに設定しましょう。

例えば、毎日の通勤時に一駅前で降りて歩いてみるというのはいかがでしょうか?
仕事をしている限り毎日の通勤時間は避けられません。
ただいきなり電車通勤から自転車通勤に切り替える、などをしてしまうと、高いモチベーションがないと継続できません。
一駅歩くのであれば満員電車のストレスも多少なりとも軽減されますし、これなら続けられるのではないでしょうか。

また、理想の体型を目指してダイエット目的の方は無理な食事制限をするのではなく
運動を取り入れることにより、バランスのとれた体型を目指すことができます。
さらに、運動で筋力をつけると基礎代謝が上がるためエネルギー消費量が増え、太りにくい体をつくる基盤となります。

毎日の生活の中で少しずつ体を動かす習慣をつくり、継続していくことが長い目でみたときにダイエットの結果にも良い影響を与えてくれるでしょう。

 

ムーヴバンド3

 

この記事の監修

工藤 孝文
日本内科学会、日本糖尿病学会、日本東洋医学会、日本高血圧学会、日本甲状腺学会、小児慢性疾病指医
福岡県みやま市出身。福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学、帰国後、大学病院で糖尿病、肥満症などの生活習慣病を専門に修業、現在は、自身のクリニック工藤内科で診療を行う。2017年よりスマホ診療を導入し全国規模でダイエット治療・漢方治療を行っている。

テレビ番組の出演・医療監修、書籍、雑誌やヘルスケア情報サイトの監修など、メディア活動多数。

※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。