あなたの生活をちょっと健康に。

食事
公開日 :
更新日 :

一人暮らし必見!体にいい食費の節約術♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事のバランスは気になるけど、お金がかかるのはちょっと…毎日・毎食の事なので、頭を悩ませますよね。あれこれ栄養素をとろうとすれば、必ず何種類かの食材やおかずを用意しないといけません。栄養バランスを重視すると、お金がかかると思っている人は案外多いかもしれないですね。でも、お金をかけなくてもちょっとした工夫で、栄養バランスのいい食事は可能です。健康的に食費を節約するコツをご紹介します。

外食やコンビニ弁当が多い人は…

一番食材数の多い料理を選ぶ

たとえば、コンビニでお弁当を選ぶとき。牛丼にサラダを付けると栄養バランスは良くなりますが、2品選んでは食費が…できれば1品にしたいところ。こういうときは、幕の内弁当がおすすめ。幕の内弁当は食材の多いお弁当の代表!他にも夏なら冷やし中華、冬ならおでんなど、食材の多いお弁当はたくさんあります。原材料表示を見ると、食材数をチェックできるので、お弁当を選ぶときに確認してみましょう。
外食でも同じようにメニューを隅々までチェック!いつもと同じ予算でも、食材数が多くなりそうなメニュー選びをしてみましょう。

外食が多い人も野菜は自宅で調理

食費をたくさんかければ、食材数はそろえることはできます。でも、食費の節約をしつつ、工夫しながらバランスのいい食生活をするにはどうしたらいいのでしょうか。特に外食が多くなると、どうしても野菜は不足しがちになってしまいますよね。かと言って野菜メニューをプラスすると、食費が一気に上がってしまいます。野菜は、素材と料理内容で価格差が大きい食品。なるべく自分で調理して食べるのが、食費の節約のコツ。自宅で調理することで、栄養素もムダなく摂れます。というのも、野菜に含まれている栄養素は、ビタミンCやカリウムなど水溶性のものが多く、下処理や加工段階で失われやすいからなんです。

料理ができない人でも大丈夫!

料理はできない、という人でも大丈夫!最近は、コンビニでもキャベツや玉ねぎ、にんじんなどの定番野菜が売っています。電子レンジで加熱するだけでも、十分おいしいんです。これなら、野菜を洗って切り、耐熱容器に入れて電子レンジで加熱するだけ。後はお好みのドレッシングやポン酢、塩などをかけて召し上がれ。これで食費の節約と栄養バランスもばっちり!1日1回、自宅で野菜を食べる習慣が身に付けば完璧!

買い物のコツ

食費の節約のために自炊を始めてみたけど、買った食材を使いきれず、ムダにしてしまうことはありませんか?節約のために始めた自炊のはずが、なんだか食費が外食と変わらない…そんな方はスーパーでの買い物の仕方を見直してみましょう。

食材から献立を考える

献立を考えるときに「今夜は何にしよう?」と料理を先にイメージしていませんか?
買った食材をついムダにしてしまう人は、料理から買う食材を考えるのではなく、今ある食材から料理を考えるという方法をお試しあれ。
献立が決まる→必要な食材を選ぶ→冷蔵庫を見る→家にないものを買いに行く…という流れでしょうか。このやり方を繰り返すと、献立以外の食材は使われずに少しずつ溜まってしまいます。残った食材は結果的に傷んでしまい、食費のムダ使いに…。

そこで、逆の発想!まず冷蔵庫を見て、今ある食材で作れる料理を考えましょう。
料理が決まってから足りないものを買いに行けば、冷蔵庫に入れたままムダになる食材は生まれません。つまり、食費のムダがなくなるのです!自分で料理が思い浮かばないときは、「食材から料理」を検索してみましょう。参考になるレシピサイトが見つかりますよ。

食材そのままのものを買う

下処理が必要な場合は、まとめて買ってまとめて下処理を済ませましょう。
●鶏肉●
鶏肉だったらまとめて買って1口大に切り、1回分ずつ冷凍保存。さらに、唐揚げ用の下味もつけておけば、より便利!
●野菜●
野菜はまとめ買いしたら、ゆでて冷凍保存。
●魚●
魚は1尾で買って、お店で3枚におろしてもらうのもいいでしょう。このようなサービスをしてくれるスーパーもありますから、お買い物ついでにチェックしてみるといいかも。
下処理した商品に付加された金額分を削っていくと、わずかではありますが、確実に食費のダイエットになります。また、食材はカットされたり洗われたりすると、どうしても栄養素が失われやすくなってしまいます…そのままのものを買う方が栄養素の損失が少なく、からだにもいいので一石二鳥!

「旬の食材」を意識して使う

安くておいしくて栄養価が高い…そんな魔法のような食材、それは「旬の食材」です。旬の食材を使うと、食卓が色鮮やかになり季節感が出ます。お腹も心も満たされること請け合い。最近は道の駅や直売所などで、鮮度のいい地場野菜を売るお店も増えています。旬の野菜は、価格が安くておいしく栄養価も高い、といいことずくめ!週末にお出掛けがてら、ちょっと足を伸ばして買いに行くのもいいですよ。

彩り野菜のハーブやミニトマトなどは、買うより自宅のベランダやプランターで育てるのもおすすめです。家計にやさしい上、愛着が湧いてちょっとした楽しみにも。食費をたくさんかけて色々揃えたとしても、栄養価が高くなるとは限りません。
食費のダイエットをしつつ、工夫しながらバランスのいい食生活を!

本記事の出典:からだの時計 WM
※からだの時計 WMのコラムは管理栄養士の小島美和子先生が監修しています。
 

からだの時計

 

この記事の編集

+healthcare編集部
健康に役立つ情報を発信中
※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。