あなたの生活をちょっと健康に。

秋はダイエットのチャンス
ダイエット
公開日 :
更新日 :

秋はダイエットのチャンス!食欲の秋に負けないダイエットのコツ【医師・管理栄養士監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋はダイエットのチャンス

秋は美味しいものがいっぱいの食欲の秋だから太りやすい!
と思っている方も多いのではないでしょうか。
意外にも、秋から冬の時期は1年の中で一番痩せやすい季節なのです!
痩せやすい今の時期に知っておいて欲しい、ダイエットのポイントについてご紹介していきます。

知ってましたか?実は秋は基礎代謝が高くダイエットに最適!

太りやすいイメージのある秋ですが、なぜダイエットに最適な時期なのでしょうか?
実は、私たちのからだは外気の温度が低くなってくると、からだが冷えないように体温を維持し、からだを冷えから守るように働きます。
この体温を維持するためにからだの中ではエネルギーを消費して熱を作り出すため、代謝が高まり、自然と痩せやすくなるのです。

家族でストレッチ

寒くなってくる秋から寒い冬の時期はダイエットのチャンス!
しかし、秋はフルーツやいも類など旬の美味しい食材がいっぱいなので、ついつい食べ過ぎてしまったり、寒くなってくるとからだを動かす機会が減ってしまったりし、体重が増えてしまう人が多くいます。
痩せやすい時期とはいえ、それ以上にカロリーをとってしまってはダイエットの成功は難しくなってしまいます。
無理なく楽しくダイエットする方法を知り、効果的に痩せられるポイントをチェックしていきましょう!

【ダイエット成功のコツ】

① 食事は3食しっかり食べる
ダイエット中だからと言って極端に食事を制限してしまうとからだに必要な栄養素が不足し、代謝が悪くなる原因になります。例えば、朝食を抜くと代謝が悪くなり、朝食を食べる場合に比べて5倍以上太りやすくなると言われています。朝・昼・夕と1日3食、規則正しい食習慣を送りましょう。また代謝を高める働きのあるねぎやにんにく、唐辛子などの食材を積極的に摂るのもおすすめですよ。

② 食べたものをメモして、食べ過ぎを予防しよう!
少ししか食べていないつもりでも、知らず知らずのうちにカロリーは蓄積されている場合があります。特によく間食をする人は要注意!食べたものを書き出してみると自分が1日どのくらい食べているのか視覚的に感じることができるので食べ過ぎ防止につながります。

秋のダイエット食材3種

美味しい秋の味覚の中にもダイエット効果が期待できる食材があります。

きのこ類

きのこ
えのきやエリンギ、しいたけ、しめじなどのきのこ類は低カロリーの食材なのでダイエットの強い味方です。食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境をととのえ、コレステロールや老廃物を排出してくれる効果も期待できます。

サーモン
鮭には筋肉の材料になる良質なたんぱく質や強い抗酸化作用があるアスタキサンチンが含まれているので、美しく痩せたい方におすすめの食材です。また中性脂肪やコレステロールを低下させる働きがあるEPAやDHAも含まれているので、高いダイエット効果が期待できます。

なす

ナス
夏野菜のイメージがありますが、初秋に収穫されるなすは水分が多くてやわらかく、旨味も強いため、美味しく食べてダイエットしたい人に最適。なすの皮に含まれるナスニンにはコレステロールを低下させる働きや老化予防に効果的な抗酸化作用が期待できるので、皮ごと食べるのがおすすめですよ。

食欲の秋に負けないダイエットメニュー

秋のダイエット食材をどのようにして食べればいいのか、気になる方も多いのではないでしょうか。
秋の食材を使ったダイエットにおすすめのメニューをご紹介します。

鶏肉ときのこの炊き込みご飯

鶏ときのこの炊き込みご飯
代謝アップにかかせないたんぱく質源の鶏肉と旬のきのこを組み合わせたメニュー。具材でかさましすることができるので、お米の量を減らして糖質を上手にカットできます。しめじやしいたけ、エリンギなどお好みのきのこで作ってみてくださいね。

鮭の南蛮漬け

鮭の南蛮漬け
鮭をフライパンで揚げ焼きにし、甘酸っぱい南蛮酢にたっぷりの野菜とともに漬け込んだ1品。少量の油で揚げ焼きにすることでカロリーを抑えつつ、ダイエット中でも満足感が得られます。野菜には定番の玉ねぎやパプリカだけでなく、秋が旬の根菜やきのこ類もおすすめです。

ピリ辛麻婆茄子

麻婆茄子
麻婆茄子に欠かせない調味料の豆板醤や甜面醤には、代謝を高める働きのある唐辛子が含まれているので、ダイエット中におすすめ。ひき肉には低カロリーの鶏ひき肉を選ぶのが◎!また電子レンジで加熱すると調理油をカットできるのでカロリーカットにおすすめですよ。

秋のあの食材はダイエットに効く?効かない??

秋に食べる機会の多い食材は他にもたくさんありますよね。
秋が旬のあの食材はダイエットにOK?NG?など、気になるあれこれ。
食材ごとにご紹介していきます。

牡蠣牡蠣
牡蠣は栄養価が非常に高く、しかも低脂肪なのでダイエット中でも食べて問題ない食材です。しかし、調理法には注意!フライやオイル漬けなどは高カロリーなのでダイエット中は控えるのが◎。食べる際は、蒸し牡蠣やたっぷりの野菜と一緒にお鍋で召し上がるのがおすすめです。

 

かぼちゃかぼちゃ
ダイエット中に気になるのは、かぼちゃに含まれる炭水化物(糖質)の量。同じ100gだと、じゃがいもは14.6g に対し、かぼちゃは17.2gと少し高め。たくさん食べると体重増加の原因になるのでダイエット中は要注意です。かぼちゃを食べる際はご飯を少なめにするなど上手く調整しましょう。

 

サンマさんま
秋は脂がのっているためカロリーはやや高めですが、さんまに含まれる脂質にはDHAやEPAと呼ばれる良質な脂肪酸が豊富!中性脂肪やコレステロール値を低下してくれる働きが期待できるのでダイエット中でも食べて大丈夫です。

 

焼き芋焼きいも
さつまいもは芋類の中でもカロリーが高く、1本(約300g)の焼きいもは、489kcalになります。甘みの強いさつまいもは炭水化物(糖質)も多めなので、ダイエット中は控えるのが◎。特に甘く味付けされた大学芋やスイートポテトなどは要注意!

 

りんごりんご
りんごはポリフェノールが豊富な健康フルーツと言われる食材。もちろんダイエット中も食べて大丈夫です。腸内環境をととのえる食物繊維やむくみ対策に効果的なカリウムなどダイエット効果が期待できる栄養素が含まれているので、ダイエット中も意識して食事に取り入れましょう!

食欲の秋を味方につけ、ダイエット成功を目指しましょう!

この記事の監修

工藤 孝文
日本内科学会、日本糖尿病学会、日本東洋医学会、日本高血圧学会、日本甲状腺学会、小児慢性疾病指医
福岡県みやま市出身。福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学、帰国後、大学病院で糖尿病、肥満症などの生活習慣病を専門に修業、現在は、自身のクリニック工藤内科で診療を行う。2017年よりスマホ診療を導入し全国規模でダイエット治療・漢方治療を行っている。

テレビ番組の出演・医療監修、書籍、雑誌やヘルスケア情報サイトの監修など、メディア活動多数。

※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。