あなたの生活をちょっと健康に。

ダイエット
公開日 :
更新日 :

バランスボールのダイエット効果はいかに?知って正しくトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バランスボールを使ったエクササイズは、手軽に行えるダイエットとして人気があります。テレビや雑誌で見かけて何となく購入した、という方もいらっしゃるでしょう。自宅でも手軽に始められるバランスボールですが、そのエクササイズ方法を正しく行うことで、よりダイエットの効果を期待できます。

いったい、バランスボールにはどんな効果があるのでしょうか。またそのダイエット効果は、どのようなものなのでしょうか。バランスボールを使ったトレーニングの効果と、ダイエットエクササイズの方法について、ご紹介します。

バランスボールの効果

バランスボールを使ったトレーニングには、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

しなやかな体をつくる

バランスボールの特徴的な効果は、しなやかな体をつくることができるという点にあります。

バランスボールを用いたトレーニングで、肩甲骨や腰、股関節の周囲の筋肉をほぐし、身体を柔らかくすることができます。バランスボールは、本格的な筋肉トレーニングをする前の準備運動としても有効で、「バランスボールを使って準備運動をしてから、筋肉トレーニングを始めてください」と案内をしているジムもあるほどです。

筋肉をほぐすことで血流がよくなり、酸素や栄養分が効率よく運ばれ、代謝が上がります。そのためエネルギーが効率よく消費されるので、同じ運動をしていてもトレーニング効果を上げることができます。

インナーマッスルの強化

バランスボールを用いたトレーニングは、「インナーマッスル」の強化に役立ちます。

この「インナーマッスル」とは、「体幹部分に存在する、人間の姿勢を維持するための筋肉全般」を指す言葉です。

「インナーマッスル」を強化することで、姿勢を維持することが容易になります。美しい姿勢の人は、そうでない人に比べてスレンダーにも見えます。また、「インナーマッスルを強化する」ことは、「体幹を鍛える」ことにもつながります。

体幹を鍛える

「体幹」を鍛えると、どのような効果があるのでしょうか。

第一に、「体幹」を鍛えると、けがをしにくくなります。
じん帯や筋肉のけがは、その運動に関与する最も弱い部分で発生します。特に他の筋肉との間で筋力の格差がある場合、負荷が特定の箇所に集中するため、けがが起こりやすくなります。しかし、体幹をしっかりと鍛えて、ボディバランスをとれるようになると、同じ運動をしても特定の部位に負荷が集中せず、けがをしにくくなります。

また、体幹がしっかりとしている人は、運動をしたときに姿勢が崩れにくいというメリットがあります。トレーニングジムなどに行くと、一部の筋肉を鍛えるためにトレーニングをしているときに、「それ以外の部分の姿勢」が崩れてしまっている人をよく見かけます。このように「正しくない姿勢で行う運動」は、正しく筋肉を動かせていないため、十分な効果を得ることができません。

体幹を鍛えることは、「けがをしにくくなること」「姿勢をよくすること」、そして姿勢を保たれることで、「トレーニングを正しく、より効果的に行うこと」につながります。

バランスボールを使ったダイエットエクササイズ

では、バランスボールはダイエットにどのように関わってくるのでしょうか。

バランスボールを使ったトレーニングは、「だれでも簡単に、大きすぎる負担を背負うことなく、全身運動を行える」という点で、非常に取り組みやすいダイエットエクササイズの一つです。

バランスボールを使ったトレーニングによって、体のバランスが鍛えられるため、自身の身体の動きをコントロールしやすくなります。身体のゆがみを整え、正していくことにもつながります。また、バランスボールを使ったトレーニングは全身運動です。上下左右均等に、筋肉を鍛えていくことができるため、高いダイエット効果を期待することができます。

それでは、バランスボールを使ったダイエットエクササイズを、具体的にご紹介していきます。

スクワット

「バランスボールを使ったスクワット」は、お尻と太ももの裏側に効果があるトレーニングとして知られています。加えて、足全体のトレーニングとしても有用です。やり方も非常にシンプルですので、初心者でも取り組みやすいエクササイズです。

  1. バランスボールを、壁と背中の間に置く
  2. バランスボールが落ちないように注意しながら、そのまま腰を落としていく
  3. 膝が直角になる位置まで腰を落としたら、また膝を伸ばし、直立する
  4. 30回程度繰り返す

バランスボールの上で四つん這いになる

バランスボールにはさまざまな利用方法があります。四つん這いになって行うエクササイズもそのうちの1つです。

このエクササイズは、腹筋(一般的にイメージする「腹筋部分」、いわゆるお腹の部分で、「シックスパック」などの名称で呼ばれる部分)や腹斜筋(お腹の横部分にあり、くびれをつくるために重要な筋肉)を鍛えることができます。また同時に、姿勢をよくしたい人にもおすすめです。

  1. バランスボールをお腹の下にいれて、それを囲むように四つん這いになる
  2. 左足と右手は床につけたままで、右足と左手を一直線に伸ばす
  3. 60秒間停止する。ただし、呼吸はし続ける(息は止めない)
  4. それが終わったら、今度は逆の手足で行う(右足と左手は床につけたまま、左足と右手を一直線に伸ばす)
  5. 3回ずつ繰り返す


バランスボールを使ったエクササイズは、「身体をほぐすこと」「バランスをとること」「部位別のトレーニングを行うこと」を兼ね備えたものが多いのが特徴です。1つのトレーニングで数多くの効果を得ることが期待できます。

初心者の方や運動が苦手という方は、「バランスボールに座って15分間姿勢を維持する」という単純なエクササイズから始めてみるとよいでしょう。このエクササイズは、姿勢を良くするという効果も期待できます。

バランスボールを使ったトレーニングは、だれでも取り組むことができる全身運動です。全身運動であるがゆえ、そのダイエット効果は期待ができ、そのトレーニング効果を支持する専門家も多くいます。

バランスボールは、その名の通り、体のバランスを整えることに非常に役立つ道具です。バランスボールを用いたダイエットエクササイズで、体幹を鍛え、美しくしなやかな身体を手に入れましょう。
 

栄養士がサポート

この記事の編集

+healthcare編集部
健康に役立つ情報を発信中
※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。