あなたの生活をちょっと健康に。

ダイエット
公開日 :
更新日 :

食べ過ぎたら次の日にリカバリー! 1日でリセットする3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の飲み会・友達との食事・ストレスが溜まってなど、つい食べ過ぎ・飲みすぎてしまい、翌朝起き上がると「なんだか体が重い・・・」なんてことは誰にでも経験があるのではないでしょうか?

焦って「食事を抜こう!」なんて思っても、なぜだかいつもより余計にお腹がすいてしまう。
楽しい食事会とは裏腹に、体型が気になってブルーな気持ちになってしまったり・・・。

実はこんな時に有効なリセット方法があります。

ついつい食べ過ぎてしまっても焦らないで!
3つのリセット方法を知って食事を楽しみましょう。
手軽なものから始めてみてくださいね。

食べすぎた翌日にすぐ太るわけではありません。

リセット方法を知る前に太る仕組みについて知っておく必要があります。人は食べすぎたからといって翌日にすぐ太るわけではありません。

食べ過ぎで消費されず余った糖質は肝臓に貯蔵されます。約48時間程度蓄えたあとも糖質が余分にある場合には、この糖質が脂肪細胞に変わっていくと言われています。

つまり、食べ過ぎてしまったときは、糖質が脂肪に変わる前に調整をすることが上手にリセットする秘訣です。

リセット法1.食べ過ぎた翌日の絶食はNG!低カロリーフードで栄養を摂りつつリカバリー

リセット方法の1つ目として挙げられるのが、食べすぎた次の日は食事制限と栄養摂取を同時にするということです。

食べすぎた次の日は絶食すればいいと思いがちですが、リバウンドをする可能性が高くなってしまいます。

豆腐や海藻などの低カロリーフードでお腹を満たす

まず、食べすぎた次の日はカロリーを抑えたものを食べるようにしましょう。
例えば、豆腐や海藻、魚、キノコ類など、カロリーは少なく栄養が豊富な食品を優先して摂取することが大切です。

大根やバナナや野菜などで、消化と代謝を促進

また、食べたものをしっかりと消化する必要がありますので、大根おろしなど消化を助ける食品を食べることもおすすめです。

さらに、代謝を促進させるビタミンB群を多く含む、バナナや玄米といったものを食べるのも良いでしょう。

食物繊維をしっかりと摂取することも忘れてはいけません。特に、水溶性食物繊維は腸で行われる脂肪の吸収を遅らせる役割があるため、ぜひ取り入れたい栄養素です。
水溶性食物繊維が多い野菜には、キャベツや玉ネギ、大根やオクラなどがあります。

野菜スープなどにすれば手軽に摂ることができ、空腹も抑えることができますので試してみてはいかがでしょうか。

リセット法2.ツボ押しで消化力UP

足にあるツボを押すという方法も効果的です。足には胃腸の働きを良くするとされるツボがあるため、刺激することで消化や排泄をスムーズにすることが期待できます。

1.足の三里(あしのさんり)

最初は「足の三里(あしのさんり)」です。これは、膝の皿の外側の部位からおよそ指4本分下のくぼんだ場所にあるツボです。この部分を押すと、胃腸の働きを活発化させるため、排便機能を高めます。
また、万能のツボともいわれており、むくみや体力増強にも効果的です。

2.れいだ

次に、「れいだ」という足の人差し指、中指側の爪の横にあるツボです。このツボを押すことで、消化機能を高めることができますので、食べすぎた次の日にはしっかりとマッサージをしたい場所です。

3.湧泉(ゆうせん)

最後は「湧泉(ゆうせん)」です。足の裏の中央部分から少し上にあり、足の指に力を入れて曲げるとくぼみができる場所にあるツボです。このツボを押すことで自律神経の乱れを整え、胃や腸といった消化器官の働きを正常化させることができます。
さらに、便秘や下痢などの排便の乱れも整うといわれています。

リセット法3.朝食の後は軽くウォーキング

最後に紹介するのが朝の軽い運動です。
運動前には、軽く朝食をとり、水分補給をしておきましょう。

朝の運動で1日の消費エネルギーがUP

朝に軽い運動をすることで、血流が良くなり、体温が上がり、代謝をアップさせることができます。
本来、代謝は朝の低い状態から昼にかけて徐々に上がっていき、夜眠る前には、リラックス状態の副交感神経に切り替わり、徐々に下がります。
朝食をとり、運動によって朝から代謝を上げることで、1日の消費エネルギーを増加させることができるのです。

朝の運動には、軽めのウォーキングなどがおすすめです。無理をせずに、早歩きではなく普段通りのペースでかまいません。約30分続けるのがおすすめです。

ちなみにウォーキングなどのリズム運動は、良い眠りに必要なセロトニンを多く分泌すると言われています。朝運動することで、夜ぐっすり眠れるようになる効果もありますよ。

食べ過ぎは誰でも経験すること

食べすぎは多くの人が経験するものです。
しかし、食べすぎた後どのように行動するかで体型は変わってきます。

美味しく食べ物を食べられることは健康であるという証拠。
しかし、食べることに引け目を感じてしまうと人生がつまらないものになってしまいます。

もし食べ過ぎてしまっても、大丈夫!今回ご紹介した方法などを実践して、上手にリカバリーをしていきましょう。
 

栄養士がサポート

 

この記事の編集

工藤 孝文
日本内科学会、日本糖尿病学会、日本東洋医学会、日本高血圧学会、日本甲状腺学会、小児慢性疾病指医
福岡県みやま市出身。福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学、帰国後、大学病院で糖尿病、肥満症などの生活習慣病を専門に修業、現在は、自身のクリニック工藤内科で診療を行う。2017年よりスマホ診療を導入し全国規模でダイエット治療・漢方治療を行っている。

テレビ番組の出演・医療監修、書籍、雑誌やヘルスケア情報サイトの監修など、メディア活動多数。

※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。