あなたの生活をちょっと健康に。

ダイエット
公開日 :
更新日 :

暑い時期だからこそ気をつけたい!夏太りの原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏は太らないと思い込んでいる方は多いのではないでしょうか。たしかに夏は少し動いただけでも汗をたくさんかく季節ですから、簡単に太るわけがないと思うかもしれません。そのうえ、食欲もなくなる人もいますから、太る要素は少ないと思われがちです。しかし、夏に太ってしまったという女性は意外に多いのです。たくさん汗をかくのになぜ太ってしまうのか、実は生活習慣が関係しています。ここでは、夏太りになる原因と解消法について詳しく解説します。

夏太りの原因1.暑いから食欲がないし、動きたくない

暑さで汗をかくのは、体温調整をするためです。しかし、運動をしないで汗をかくということになるので運動時と同等のカロリー消費をするわけではありません。代わりに脂肪燃焼に必要なビタミンやミネラルが排出されやすくなります。したがって、体はタンパク質や脂質、糖質などの栄養素を脂肪としてため込みやすくなっていくのです。また、暑い季節は食欲不振になる人も多くいます。その結果、冷たい甘いジュースや素麺などの炭水化物ばかり食べるようになり、必要な栄養素を摂取できない悪循環が生まれます。運動をしないと、最終的には筋肉量が減少し基礎代謝が落ちてしまうので、暑いから食欲がない、動きたくないという状態をそのままにしておくと非常に太りやすくなります。

夏太りの原因2.体が冷えている

夏太りの原因として考えられるのが「体の冷え」です。
暑い季節に活躍する冷房は、自宅やオフィスなど行く場所すべてで使用されています。しかし、必要以上に温度が低く設定されていることも少なくありません。また、暑い季節はお風呂をシャワーだけで済ませてしまうことも多いでしょう。その結果、血流が悪化し、また便秘などを引き起こしたり体の代謝を落としてしまうのです。特に女性の場合は、冷え性になりやすいため、非常に太りやすくなります。
冷たいジュースや塩分の摂りすぎも注意が必要です。水分と塩分を摂取しすぎると、大量の水分が体内に残りますので、むくみを引き起こします。夏太りの原因がむくみだったというケースも少なくありません。

夏太り対策法1.栄養を摂って解消する

夏太り解消法として重要なのが必要な栄養素を確実に摂取することです。
脂肪を代謝するために必要な栄養素はビタミンB群です。この栄養素を多く含む食品として挙げられるのが、豚肉やレバー、アーモンド、大豆などです。食欲がなくても摂取しやすいマグロや納豆、ニンニクなどにもビタミンB群は豊富に含まれています。
また、カフェインには交感神経を刺激する効果があり、基礎代謝を高めてくれると言われているので、カフェインを摂取するのもおすすめです。コーヒーやポリフェノールを多く含むココアなどを飲むのが良いでしょう。ただし、砂糖を入れると糖分過多になる可能性があります。また、カフェインの採りすぎは冷えにつながる可能性があるので気をつけましょう。
他にも、良質なタンパク質の摂取も重要になります。筋肉量が減少すると、代謝が下がる恐れがあります。これを防ぐためにも、積極的にたんぱく質を摂ることが大切です。鳥の胸肉やささみ、豆腐などを食べるようにしましょう。
飲み物についても意識することが大切です。暑いからといって冷たいものを飲みすぎると、体が冷えてしまいます。白湯などの温かい物をできるだけ飲むことをおすすめします。

夏太り対策法2.お風呂に入って解消する

体の冷えは代謝を落とす原因となります。体を冷やさないための対策方法として、暑い夏でもお風呂につかる習慣をつけましょう。半身浴でも良いので、お風呂につかることができれば、内臓を温めることができ、なおかつ自律神経の乱れを調節するので、基礎代謝を上げることにつながります。お湯の温度は39度ほどに設定し、約15分間ゆっくりとつかるようにすれば血行が良くなり体が温まります。のぼせやすい人は、首と手首を冷やすようにするとのぼせにくくなります。湯船につかることができない場合は、足湯でも同様の効果が得られます。約40度のお湯に約15分間足首までつけることで、湯船につかった状態と同じ効果が得られますので、体の冷えの解消が期待できるでしょう。

夏こそ食べて動いて健康的に!

暑い夏は、どうしても運動をするのが億劫になります。特に長時間の運動は、体力的に厳しいという人も多いかもしれません。しかし、運動をすることで基礎代謝を上げることができますから、暑い夏だからこそ定期的に行いたいところです。
そこで、おすすめするのが筋トレです。長時間行う必要がありませんし、代謝を上げるために筋肉をつけるという意味でも非常に有効です。特におすすめなのがスクワットです。太ももの筋肉は体の中で一番大きく、消費カロリーも多い部位になります。ここを重点的に鍛えることで代謝の良い体をつくることができ、便秘の解消や冷え対策につながります。ただし、筋トレだけをしても筋肉をつけることは難しいです。運動後はたんぱく質を積極的に摂取するなど、筋肉をつけるための食事をすることも大切です。
夏太りは、動けない、食欲がなくなるといった体が弱ったときに起きる可能性があります。汗をかくから大丈夫ではなく、夏だからこそ活動的に楽しく過ごすことが夏太りを防ぐ解消法のひとつだといえるでしょう。
 

歩いておトク

 

この記事の編集

+healthcare編集部
健康に役立つ情報を発信中
※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。