あなたの生活をちょっと健康に。

ダイエット
公開日 :
更新日 :

管理栄養士の小島美和子が教える、きちんと食べるダイエットの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理栄養士の小島美和子先生がしっかり食べてダイエットできる方法を教えます!

からだの時計 WM」監修の小島美和子が悩める相談者にダイエットのコツをアドバイス!

今回の相談者は「飛行機で空を飛ぶ夢」を叶えるために、ダイエットに挑戦中という宮崎竜也さん、50歳。
体重が重くて小型飛行機が上手く浮かないとのこと・・・。
自己流のダイエットに取り組んできたものの、体重が落ちなくなってしまったということでご相談を頂きました。

炭水化物を我慢しても体重が落ちない・・・。果たしてその原因は?

まずは宮崎さんに、ここ1週間の食事内容を聞くと・・・。
なんと、ご飯やパンなどの炭水化物は一切食べずにおかずばかりを食べていたとのこと。
「炭水化物を抜けば、おかずはどれだけ食べてもいいってインターネットに書いてあったから・・・。」と宮崎さん。
カロリーには気を付けていたものの、ご飯抜きで餃子だけをたくさん食べたり、ビールと焼肉だけ食べたりと、かなり偏った食生活をしていました・・・。

炭水化物ダイエットは、体の水分を減らしているだけ!もっとバランスの良い食事を!

そんな状況に「お米やパンを食べずにダイエットしても、カラダの水分が減っているだけですよ!」と小島先生。
特に夜は脂の代謝が悪くなるので、晩ごはんに脂質の高いおかずばかり食べているのは逆効果!
炭水化物を我慢していた宮崎さんですが、お米はしっかり食べて、おかずの量を減らすべきだったのです。

ちょっとの工夫でダイエットの効率アップ!オススメの食事メニュー

また、ダイエット効果を上げるために、お米に押し麦を混ぜて炊くのが良いとのこと。押し麦にはお米の20倍の食物繊維が含まれており、脂と糖の吸収を抑える効果が期待できるそうです。
さらに、朝食についても小島先生からアドバイスが。
「朝の脂質もできるだけ減らしましょう。代謝が上がりにくくなってしまいますから。」
脂質を抑えて、炭水化物とタンパク質を摂ると体温が上昇し、基礎代謝が増えます。
そのため、同じ一日を過ごしていても消費カロリーが大きく変わってくるのです。

ダイエット期間にオススメの1日の献立


朝食

  • 押し麦ごはん
  • 卵や納豆などの高タンパク質食品



昼食
量さえ気をつければ、基本的には何を食べてもOK


夕食

  • 押し麦ごはん
  • 鶏胸肉やささみなどの低脂肪のお肉
  • 食物繊維を多く含むきのこや海藻類

  • これまでのように、無理をしてご飯を食べるのを我慢しなくても、食材選びを気にするだけで、ダイエットの効率がぐっと上がりそうですね。
    正しく食べながら健康的なダイエットを目指しましょう!
     

    からだの時計

     

この記事の監修

小島 美和子
有限会社クオリティライフサービス 代表取締役 管理栄養士 
健康運動指導士 産業栄養指導者 ヘルスケアトレーナー 
食コンディショニングプロデューサー
女子栄養大学卒業後、食品会社での商品開発業務、大学病院などでの臨床栄養指導等を経て、 有限会社クオリティライフサービス設立。 TV企画でのダイエット指導等をはじめ、TV、ラジオ、雑誌への出演、 厚労省の特定保健指導の実践的指導者育成プログラム開発ワーキングメンバーや THP指導者養成専門研修及び産業保健指導専門研修など、各種研修講師等多数担当。 働く人の食生活改善保健指導プログラムなどの企画開発をおこなう他、 健康商材・サービスの価値、訴求力を高めるコンテンツ、プロモーションのコンセプトづくりから、 より効果を出すプログラムの開発まで、管理栄養士の専門性を活かした食生活の現場でQOLを高める 事業を展開しています。 「その時のからだの状態に合わせて食生活をコントロールし、ベストコンディションを保つ」ことを目指す。 また、「指導者は実践者に!健康の表現者をめざす!」をモットーに、自身はその表現方法のひとつとして、 マラソンや駅伝大会を楽しむ他、現在マスターズ陸上100mに挑戦中。

食コンディショニングアドバイザー養成講座主宰。
著書に『1週間でお腹からスッキリやせる食べ方』三笠書房。

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/shokucon.oshima
ブログ
http://runshoku.cocolog-nifty.com/blog/

※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。