導入事例 日清食品ホールディングス株式会社様

ムーヴバンド2活用で「社員の健康増進」と「チャリティー」を実現

導入サービス

  • ムーヴバンド2
  • WM for Business

導入・実施の効果

導入前

  • ・測定機器による誤差の発生
  • ・歩数の集計が複雑
  • ・従業員が継続して取り組める施策が必要

導入後

  • ・ムーヴバンドで正確なデータ収集が可能に
  • ・「WM for business」の歩数自動収集機能で負担が大幅に軽減
  • ・ムーヴバンドでプロジェクト終了後も、従業員が継続して取り組める環境へ

「社員の健康増進」と「チャリティー」という
2つのCSR活動を進めるために

日清食品ホールディングス株式会社では、2008年の創業50周年を機に、50年間で100の社会貢献活動を行うCSR 活動「百福士プロジェクト」に取り組んでいます。その第15弾として2016年4月11日より開始した「日清月歩 チャリティーWALKプロジェクト~月まで毎日9000歩~」は、ウォーキングでグループ従業員の健康増進を図るとともに、飢餓に苦しむ地域の子どもたちへの支援を実施する活動です。
400名の参加社員から毎日の歩行記録を収集するために「ムーヴバンド2」と「WM f or b usiness」を導入しました。

使用アイテム:

ムーヴバンド2

「日清月歩 チャリティーWALKプロジェクト ~月まで毎日9000歩~」の概要

「日清月歩 チャリティーWALKプロジェクト ~月まで毎日9000歩~」の概要
「日清月歩 チャリティーWALKプロジェクト ~月まで毎日9000歩~」の概要

楽しみながら積極的に、継続的に健康増進を図りたい!

百福士プロジェクト第13弾では社員のダイエット促進を目的に「めざせ1トン減量!プロジェクト」を実施しましたが、その際、体重変動のデータ収集は参加者412 名と直接メールで行っていたため集計管理作業が煩雑でした。

今回の「日清月歩 チャリティーWALKプロジェクト」では、「ムーヴバンド」「WM for business」を利用することで、スマートフォンアプリを介して全国の参加グループ社員からの歩行記録を収集できるため、参加者の負担も少なく、より正確なデータをタイムリーに収集できます。またCSV データを活用して進捗状況を報告できるWEB サイトをイントラネットに開設し、毎週の上位者、全参加者による累計歩行距離等を発表して参加社員の競争心を刺激するなど、エンターテイメント性も併せ持った企画とすることができました。

「めざせ1トン減量!プロジェクト」では減量目標を達成できましたが、引き続き社員の健康増進の為には、継続して積極的に健康増進に取り組める施策の必要性を感じていました。「月を目指そう」という分かりやすい目標を掲げることで全社的に楽しみながらプロジェクトに取り組むことができていると実感しています。

従業員の健康は、企業の社会的責任における一つの重要な尺度です。「ムーヴバンド」は、「軽いので負担にならない」「腕につけることでモチベーションが上がる」といった社員からの声も寄せられており、今後も健康増進を目指すさまざまなプログラムへの活用を検討していきます。

日清ホールディングス 広報部 CSR推進室 白井俊仁室長
日清ホールディングス 広報部 CSR推進室 白井俊仁室長
ウォーキングセミナー
プロジェクトスタート前には、ウォーキングセミナーも催された

担当者からのメッセージ

株式会社 NTT ドコモ
第二法人営業部 第五営業・第一 廣岡 靖恵

「ムーヴバンド」の機能やデザイン性を高く評価いただいたこと、また「WM for business」を活用し企業様向けに実施しているCSVによる集計データ提供サービスがデータ管理作業の大幅軽減につながることから、今回導入いただきました。社員の健康増進とチャリティーを結びつけ、社員参加型の社会貢献を実践するというすばらしいプロジェクトに関わらせて頂くことができ、大変うれしく感じています。