健康経営
公開日 :
更新日 :

福利厚生とは?その種類やユニークな導入実例をご紹介

企業は従業員が生き生きと働けるためのサポートとして福利厚生の充実を図っています。この記事では、福利厚生の種類やユニークな制度の実例、助成金についてなど、企業が福利厚生を充実させる際のポイントをご紹介します。

関連するタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業は従業員が生き生きと働けるためのサポートとして福利厚生の充実を図っています。
この記事では、福利厚生の種類やユニークな制度の実例、助成金についてなど、企業が福利厚生を充実させる際のポイントをご紹介します。

 

福利厚生とは?

福利厚生の目的と種類

福利厚生とは、使用者(企業)が通常の賃金や給料とは別に支給する手当やサポートのことで、社員やその家族の健康や生活の福祉を向上させるために提供するサービスや制度を総称して福利厚生制度と呼ばれています。

法定福利と法定外福利の違い

福利厚生は法定福利厚生と法定外福利厚生の2種類に分けられます。

法定福利厚生は法律によって使用者に実施が義務付けられているもので、社会保険料の事業主負担分や児童手当拠出金などを指します。

一方、法定外福利厚生は法律によって義務付けられておらず、使用者が任意に提供するものです。家賃補助、家族手当、育児休暇などがこれに当たりますが、明確な基準はなく、提供される内容には企業毎に異なります。一般的には規模が大きな企業ほど多様な福利厚生制度を提供している傾向が見られます。

福利厚生制度の例

法定福利厚生は、健康保険、介護保険、厚生年金、労働保険、児童手当などを指します。

法定外福利厚生には、住宅関連(住宅手当、家賃補助など)、健康・医療関連(健康診断、フィットネスなどの健康増進活動の補助、健康アプリ導入など)、育児・介護支援関連(育児・介護休業、時短勤務制度など)が含まれます。
また、社員のモチベーションを高めるための自己啓発・能力開発関連(資格取得支援、書籍購入費補助など)、文化・体育・レクリエーション関連(イベント開催費補助、部活動補助など)の制度も法定外福利厚生です。

企業が福利厚生を充実させるメリットと注意点

福利厚生の充実で得られるメリット

従業員のニーズに合った福利厚生を充実させることで従業員満足度が向上し、仕事への意欲やモチベーションを向上させることへとつながります。
その結果、仕事の能率がアップしたり従業員の定着率も向上することが考えられ、企業の業績アップやイメージアップにもおいてもプラスに働きます。

デューク大学のダン・アリエリーが工場で働く従業員に対して、どんなインセンティブを与えたら、生産性が上がるかという実験をしました。
その結果「現金」、「ピザ」、「上司の誉め言葉」のうち最も効果が高かったのがピザで、現金は最下位で、逆に生産性が下がる場合もありました。

この実験結果からも、従業員の求める福利厚生を充実化させることの重要性が分かります。

福利厚生制度を設ける際の注意点

福利厚生が従業員満足度につながり、提供する企業側にもメリットをもたらす制度となるには、従業員が本当に求めていることは何かを把握して、適切な制度を設けることが重要です。

必要とされていない福利厚生制度を実施することは、従業員の満足を得られないばかりか「お金をかけて無駄なことをしている」という印象を与え、逆効果になってしまう可能性もあります。

福利厚生費がかさむことは企業の負担増にもつながるため、法定外福利厚生の内容についてはその有効性を見直す必要が出てくることもあります。

 
 

自由度の高いカフェテリアプランとは

カフェテリアプランの特徴

「カフェテリアプラン(選択的福利厚生制度)」とは、企業が設定した福利厚生制度の選択肢の中から、従業員が自分のニーズに合わせて自由に選択できる制度で、自分の好きなメニューを自由に選べる「カフェテリア」に由来しています。

多くの企業では、従業員に一律のポイントを毎年付与して、従業員はそのポイントの範囲内で自分の選んだ福利厚生サービスを受けるというポイント制を採用しています。

カフェテリアプラン導入のメリット/デメリット

企業として法定外福利厚生にカフェテリアプランを導入すると、どのようなメリットがあるでしょうか。

まず、従業員が自分のニーズに合わせて無駄なく利用することができ、また、従業員の家族構成などによるサービスの偏りも発生しなくなるため、福利厚生に対する従業員の満足度を高めることができます。

また、ポイント制にすることで福利厚生費の総額に上限を設けることができるので、予算の管理がしやすくなります。

一方でこれらのメリットを確実に得るためには、導入・運用に当たって注意すべき点もあります。

ポイント制では有効期限がありポイントを翌年度に持ち越せない場合が多いため、ポイントを使い切れずに無駄にしてしまう従業員も出てしまい、不満につながる可能性があります。申し込みから利用までの流れを周知して、ポイントの使い残しがないようにアナウンスしましょう。

また、自由に選択できるとはいえ、用意された福利厚生メニューが従業員のニーズに沿っていなければ意味がありません。アンケートなどで利用者の要望を聞きながら適宜メニューを見直し、更新していくことが重要です。

一方、会社側の負担としてはカフェテリアプランを導入するとポイント管理などの新たな業務が発生し、時間や手間が必要となります。カフェテリアプランの導入・運用をサポートするサービスを提供している企業を利用するなど、アウトソーシングを活用することで負担を減らすことができます。

企業の実例に見るユニークな制度

朝食を無料で提供する制度

株式会社マクロミルが実施している「シャッフルモーニング!」は、社員の健康を考えたオリジナルメニューの朝食を提供し、部門を越えた交流の機会をカジュアルに楽しんでもらうという目的で生まれた制度です。社員同士のコミュニケーション活性化と健康増進に役立っています。

従業員同士の交流を目的とした飲み会に補助金を出す制度

「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する」というミッションを掲げるSansan株式会社が実施している「Know me!(のーみー)」は、日頃深く関わることのない他部署のメンバーとの懇親会費用を会社が補助するという制度です。

部門を超えた交流で社内につながりと活力をもたらすことを目的としており、社員同士がお互いに刺激を受け理解を深めることによって、それぞれの業務に役立てようというものです。また、新入社員にとっては、こうした飲み会を通じて会社や他の社員に対する理解が深まるため、働きやすい環境づくりにも役立っています。

仮眠スペースを提供する制度

GMOインターネット株式会社では、社員の健康で活動的な生活を支援する制度の一環として、昼寝(シエスタ)を導入しています。午後からの仕事に向けて頭をスッキリさせるため、30台のベッドとアイマスク・耳栓を備えた「おひるねスペース GMO Siesta」を用意しています。

リラクゼーション効果の高い香りや音楽が流れるスペースで、12:30から13:30まで利用できます。

従業員の健康管理におすすめのアプリ

健康関連の福利厚生施策として最近注目されているものに健康管理アプリの導入があります。

働き方改革が積極的に進められているなか、従業員の健康増進は本人のためであるとともに、企業の健康経営にもつながる重要な項目となっています。福利厚生制度のひとつとして、ゲーム感覚で手軽に取り組みやすいアプリを積極的に取り入れ、日常的に健康管理を意識する習慣づくりに役立ててみてはいかがでしょうか。

ドコモ・ヘルスケアの「健康サポートLink」は、ウェアラブル活動量計やスマートフォンとリンクして、利用者の歩数、体重、血圧などの健康データをクラウド上で一元管理できるサービスです。利用者が自己の健康データを視覚的に把握しやすくなり、日常の健康管理に役立てることができます。

また、そのデータを保健指導や健康増進イベントと結びつけることで、さらに有効活用することも可能です。

福利厚生制度の導入をサポートする助成金

福利厚生の充実には費用がかかるため、企業規模が大きいほど福利厚生が充実しやすいという傾向にあり、中小企業では必要最低限の制度しか設けられないところもあります。費用の問題で福利厚生制度の整備が進まない場合には、助成金制度を活用して従業員満足度の向上を図ることもひとつの方法です。福利厚生に役立つ助成金制度には以下のようなものがあります。

育児・介護雇用安定等助成金

従業員の仕事と家庭の両立を支援する事業主が受給できる給付金です。

東京都中小企業雇用環境整備推進奨励金

従業員の仕事と育児または介護の両立を支援する中小企業のための助成金で、「仕事と育児の両立推進コース」「仕事と介護の両立推進コース」「非正規労働者の処遇改善コース」があります。

これらの助成金制度には受給の条件や申し込み期限などがあるため、利用を検討する際には年度初めなど早めに制度の概要を調べておくことが大切です。

従業員が満足できる福利厚生にするために

福利厚生制度は利用した従業員が満足できて初めて意味のあるものになります。限られた費用のなかで、多様化する働き方に対応して従業員満足度を上げるためには、導入する制度の選択や運用に工夫が必要です。

カフェテリアプランの導入によって、限られた福利厚生費の範囲内でより満足度を高めることが可能となりますし、中小企業などで十分な予算が取れない場合には助成金の活用も有効です。

まずは現状の福利厚生制度に無駄がないか見直すところから始めて、従業員の満足につながる自社の福利厚生制度について考えてみてはいかがでしょうか。

ドコモ・ヘルスケアでは、企業様の健康経営・生産性向上の支援を行なっております。健康経営に興味があるものの、何から始めたらよいのかわからない。という方が多いのではないでしょうか? 何かしら取り組もうとされている企業の担当者の方々からも、「健康経営についてもっと詳しく知りたい」や 「具体的な事例や進めていく上でのポイントが知りたい」など、たくさんの声をお聞きしています。 そのような内容を、簡単にわかりやすく資料としてまとめております。以下から無料でダウンロードいただけますので、ぜひご覧になってください。

▼健康経営に関する資料を無料で公開中▼

ドコモ・ヘルスケアでは、企業様の健康経営・生産性向上の支援を行なっております。健康経営に興味があるものの、何から始めたらよいのかわからない。という方が多いのではないでしょうか? 何かしら取り組もうとされている企業の担当者の方々からも、「健康経営についてもっと詳しく知りたい」や 「具体的な事例や進めていく上でのポイントが知りたい」など、たくさんの声をお聞きしています。 そのような内容を、簡単にわかりやすく資料としてまとめております。以下から無料でダウンロードいただけますので、ぜひご覧になってください。

▼健康経営に関する資料を無料で公開中▼