組織の活性化
公開日 :
更新日 :

新入社員研修を成功させる方法|効果的な人材育成のポイントとは?

この記事では、新入社員研修の目的、効果アップのポイント、一般的な研修内容~ユニークな研修内容までご紹介します。研修プログラムを漠然と決め、ただ消化させるだけでは、大きな効果は期待できません。新入社員を組織の立派な戦力に育て上げるには、しっかりとした研修の準備が不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、新入社員研修の目的、効果をアップするためのポイント、一般的な研修内容からユニークな研修内容までご紹介します。
研修プログラムを漠然と決め、ただ消化させるだけでは、大きな効果は期待できません。
新入社員を組織の立派な戦力に育て上げるには、しっかりとした研修の準備が不可欠ですよ。

 

新入社員研修の目的

新入社員研修には、新人が研修後に現場で本格稼働するための前準備としての意味があります。まずは研修の目的と新入社員に必要とされる基本的な力を押さえておきましょう。

新入社員研修はどのような目的で行うのか?

社会人としての自覚を持たせる

新入社員研修には、まず社会人としての自覚を持たせる目的があり、そのために必要な心構えなどを教えます。学生と違い、社会人はどのような場面でもマナーと常識をわきまえた言葉や行動を求められるようになるからです。

基本的なビジネススキルを習得してもらう

取引先や顧客と円滑な関係を保ち、会社のイメージダウンを避けるためにも、社会人として求められるマナーやスキルを新入社員に習得させる必要があります。
例えばメールの送り方や電話の取り方、名刺交換の仕方などのビジネススキルが挙げられ、学ぶ機会がないまま社会人になる人も多くいます。

会社への理解を深めてもらう

会社の事業内容とその社会的な意義、企業理念などをあらためて教え、新入社員の理解を深めさせる機会をつくりましょう。会社の中で自身が担う役割を認識させることも大切です。
入社した段階でしっかりと伝えることにより、本人の認識と会社の方向性のズレを防ぎます。

職場環境に慣れてもらう

新入社員研修には職場環境に慣れてもらう目的もあります。
いきなり現場に配置されても、新人は戸惑うことが多いでしょう。現場で実践的な研修を行えば、新入社員に部署の雰囲気に慣れてもらってから本配属を決定することができます。
また、集合研修の場合は、新入社員同士のつながりができ、交流が深まる効果もあるでしょう。特に職場になじめるまでは、共通の悩みを話したり、情報交換したりできる相手がいると心強く、モチベーションのアップにも効果的です。

新入社員に必要な基礎力とは?

何を基礎力とするかは企業によっても異なる場合があるため、ここでは経済産業省が発表している「社会人基礎力」をご紹介します。
経済産業省が2006年から提唱している「社会人基礎力」は「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つに分けられていて、さらにそれらを構成する12個の要素があります。いずれも、どのような業種・職種においても必要とされるものです。新入社員に身に付けさせる能力として、意識すると良いでしょう。

行動に関係するもの

「前に踏み出す力」を構成する能力は3つ挙げられています。
自発的に行動できる「主体性」や、一緒に仕事をする人々と目的を共有して連帯感を生み出す「働きかけ力」、設定した目標を達成するために動く「実行力」です。

思考に関係するもの

「考え抜く力」を構成する能力は「課題発見力」「計画力」「創造力」の3つです。
「課題発見力」は、目標達成のために必要な課題や障害になりそうなことを分析し、明らかにする能力です。課題を解決するには、プロセスを考え、最善策を比較検討して準備する「計画力」が必要とされます。最後の「創造力」は既存の発想にとらわれず、新たな価値を生み出すために欠かせません。

チームワークに関係するもの

「チームで働く力」には「発信力」「傾聴力」「柔軟性」「状況把握力」「規律性」「ストレスコントロール力」の6つが挙げられています。
「発信力」や「傾聴力」は、チームの中で意見を述べたり、相手の想いを汲み取ったりするのに必要な能力です。
多数で動く際は、他人の意見・立場を尊重し、違いを受け入れる「柔軟性」、自分のポジションやメンバーとの関係性を理解する「状況把握能力」、ルールを守る「規律性」が求められます。
また、ストレスがたまった時に、耐えたりぶつかったりするのではなく、そもそもの発生源に対応できる「ストレスコントロール力」もチームで動く際には重要です。

※参考:経済産業省「社会人基礎力」とは

新入社員研修の期間やスタイル

新入社員研修の内容は企業によっても異なります。今回はその中でも一般的なものと、ユニークなものをご紹介します。

新入社員研修の期間と主なスタイル

研修の実施期間は1日や数日のほか、1~3カ月かけるところ、1~3年と長期で設定している企業もあります。業務内容によっても必要な研修期間は異なり、「現場が人手不足で研修に時間をかけられない」といった事情を抱えている企業もあるでしょう。

一般的には、まず配属部署や職種に関係なく新人を集めて集合研修を行い、その後OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)に移行する企業が多く見られます。
集合研修では、座学やロールプレイングを通じて、基本的なビジネスマナー、企業理念などを教えます。一方OJTでは、現場で実務を経験しながら、業務に必要な知識やスキルを身に付けさせます。

近年はインターネット環境さえあれば受講するeラーニングを導入する企業も見られます。企業は新入社員を1カ所に集めるためのコストや時間を削減でき、社員はいつでもどこでも繰り返し学べるのがメリットです。
また、集合研修の一部をeラーニングにして、双方の長所を活かすような研修プログラムもあります。

集合研修とOJTのプログラムの違いとは?

集合研修とOJTそれぞれで教えるプログラムの例をお伝えします。

<集合研修>

新人に一度にまとめて伝えたほうが良いような内容は、集団研修で教えると良いでしょう。

会社への理解を深めてもらうのに必要なこと

業種・業界のことをはじめ、会社の企業理念や企業風土、全体の事業内容、就業規則、人事制度を教え、会社への理解を深めてもらいます。

社会人としての基本を教えるために必要なこと

あいさつや振る舞いなどのビジネスマナー、電話応対・メールの書き方・ビジネス文書の作成方法といった基本業務に必要なスキルを教え、社会人としての基本を身に付けてもらいます。
また、業務上の目標設定の仕方や、新入社員に期待している役割、社内でのコミュニケーションの取り方なども含まれます。

<OJT>
OJTでは新人1人につき先輩社員1人を付けて、現場で実際に行う業務内容とその流れ、必要な知識とスキルを教えます。また、日々のやり取りを通じて、現場でのコミュニケーションの取り方も身に付けさせます。

企業のユニークな研修例

新入社員研修の中でもあまり見られない、ユニークな例をご紹介します。

体力、知力、精神力とチームワークを養う「登山研修」

新入社員数人でチームを組ませ、標高2000メートル級の登山に挑戦させる企業があります。
チーム内で役割を分担し、足場の悪い山道を登ることで、社員は体力やチームワークが身に付き、困難を乗り越えることの大切さなどを学びます。

コミュニケーション能力を伸ばす研修

初対面の相手とのコミュニケーションに慣れさせるため、変わった研修を行う企業も少なくありません。
例えば、お笑い芸人に学ぶ漫才研修を行う、DJとしてローカル局のラジオ番組に出演させる、幼稚園の先生として大人数の子どもたちとの接し方を学ばせるなどです。
内容によっては、コミュニケーション能力だけでなく、度胸や臨機応変なアドリブ力も身に付くでしょう。

新入社員研修の効果を高めるためのポイント

研修プログラムを漠然と決め、ただ消化させるだけでは、大きな効果は期待できません。
研修効果をアップするための、ポイントをお伝えします。

研修の目的をあらかじめ伝える

研修を始める前に、何を学び、身に付けることを目的とした研修なのかを新入社員に理解させましょう。
目的を伝えないまま研修を進めると、新入社員は「研修が何のために行われているのか」「研修を通してどうなることを期待されているのか」がわかりません。すると、想定していたよりも新入社員に知識やスキルが身に付かず、効果の薄い研修になるおそれがあります。

集合研修には参加型プログラムを取り入れる

集合研修では講義形式を取り入れる企業も多くありますが、ただ話を聞いているだけの研修で新入社員は集中力を維持しにくく、知識が身に付かずに忘れてしまいがちです。
学んだ内容について体感しながら確認できるよう、ロールプレイングなどを取り入れて実践的な内容にすると、新入社員の記憶に残りやすい研修になるでしょう。

集合研修の内容は現場に共有する

集合研修を終え、OJTに移る際は、新入社員が集合研修で学んだ内容を現場の部署と共有しておきましょう。現場で同じ内容を教えるような、二度手間を防ぐことができます。
また、新人に集合研修で学んだ内容を現場で実践させたり、教わった内容を忘れないように先輩社員からアドバイスをしたりすると、復習や気付きの機会を設けられるでしょう。

OJTは綿密な計画を立てて行う

忙しい部署では新人教育に手間をかけるのがなかなか難しく、OJTが無計画に行われがちです。しかし、新入社員が実務内容を体系的に理解できないと、知識やスキルがなかなか身に付かず、仕事の意義もわからないといった状況になるおそれがあります。
「何のための仕事か」「自分が役に立っているのかどうか」といったことがわからないと、新入社員のモチベーションが下がり、離職へとつながる場合もあります。

先輩社員が常にそばについて、説明しながら教えるのが難しいなら、適宜マニュアルを用意し、新入社員自身で学び、作業できるようにすると良いでしょう。

OJT後はフォローアップを行う

OJTが始まったら定期的に面談を行い、評価を本人フィードバックして、現場での感想や課題などを聞き取りましょう。実践を通じ、新入社員にはこれまでにないつまずきや悩みも出てくるため、メンタル面でのフォローも大切です。
面談の内容を踏まえて今後のOJTの方向性を新入社員と共に考え、本人が課題を消化できる行動プランを決めましょう。また、目の前の目標だけでなく、新入社員が「数年後にどんな社会人になっていたいのか」という目標となる人物像を描き、それに向けて学ぶべきことを考えてチャンスを与えていくこともモチベーション向上には必要です。

新入社員を組織の戦力として育てるために

新入社員研修の目的は大きく分けて2つあります。「社会人としての心構えや基本マナーを身に付けさせること」と、「業務ですぐに使える知識やスキルを覚えてもらい、新入社員が実務に就いたときのつまずきを極力減らすこと」です。
限られた研修期間の中で、2つの目的を果たすためには、座学以外の実践的な研修も取り入れるなど、方法を工夫する必要があります。また、フィードバックは必ず行い、新入社員自身が「できていること」「できていないこと(=課題)」を把握できるようにしましょう。
新入社員を組織の立派な戦力に育て上げるには、しっかりとした研修の準備が不可欠です。

ドコモ・ヘルスケアでは、企業様の健康経営・生産性向上の支援を行なっております。健康経営に興味があるものの、何から始めたらよいのかわからない。という方が多いのではないでしょうか? 何かしら取り組もうとされている企業の担当者の方々からも、「健康経営についてもっと詳しく知りたい」や 「具体的な事例や進めていく上でのポイントが知りたい」など、たくさんの声をお聞きしています。 そのような内容を、簡単にわかりやすく資料としてまとめております。以下から無料でダウンロードいただけますので、ぜひご覧になってください。

▼健康経営に関する資料を無料で公開中▼

ドコモ・ヘルスケアでは、企業様の健康経営・生産性向上の支援を行なっております。健康経営に興味があるものの、何から始めたらよいのかわからない。という方が多いのではないでしょうか? 何かしら取り組もうとされている企業の担当者の方々からも、「健康経営についてもっと詳しく知りたい」や 「具体的な事例や進めていく上でのポイントが知りたい」など、たくさんの声をお聞きしています。 そのような内容を、簡単にわかりやすく資料としてまとめております。以下から無料でダウンロードいただけますので、ぜひご覧になってください。

▼健康経営に関する資料を無料で公開中▼