検索

NEWS RELEASEニュースリリース

患者さん専用のQ&Aコミュニティサイト「イルイル」を提供開始

~病気の当事者同士だからこそわかる病気や日常生活のお悩みを解決~

ドコモ・ヘルスケア株式会社

ドコモ・ヘルスケア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:和泉正幸 以下ドコモ・ヘルスケア)は、特定の病気をかかえている患者さん同士が、当事者だからわかる悩みを匿名で相談しあったり、情報交換ができる患者さん専用Q&Aコミュニティサイト「イルイル®」(URL: https://iluilu.com/)を企画・開発し、2017年3月29日(水)よりウェブサイトおよびスマートフォン・タブレット向けアプリとして本格提供開始いたします。

提供背景・目的

病気にかかると治療や症状に関する不安や悩みだけでなく、治療と仕事・家事との両立や、恋愛・結婚・子育てなど、病気を抱えて日常生活を送るうえで起きる様々な悩みが発生します。このような悩みに関し、患者さんへインタビューを実施したところ、「同じ病気の患者同士の体験談や情報交換ができるインターネットの場が不足している」との声を多数頂いたことから、患者さんがより安心して気軽に情報交換ができるサービスを企画・開発しました。

サービス概要

カラダ・病気に悩みを抱えた当事者同士が本ウェブサイトやアプリを通して匿名で相談したり、体験談を共有し合えるサービスです。サービス開始当初は、乳がん・子宮がんや妊活・不妊に関する悩みなど女性特有の5つのカテゴリから提供開始し、順次男女の幅広い病気のカテゴリを追加する予定です。

【提供機能】

  1. 同じカラダ・病気の悩みがある患者さん同士のお悩み相談(Q&A)
  2. 患者さんによる治療日記
  3. 専門医師に監修された病気の基礎情報コンテンツ

安全にご利用いただくための対策

患者の皆様に本サービスを安全に御利用頂けますように、以下の対策をとっております。

  • 投稿内容は全て目視による監視を実施
  • 通報機能を設置し、不適切な情報があった場合速やかに削除
  • 病気の基礎情報に関して、全件専門医監修の上、配信

また、がんに関するカテゴリについては、がん医療の専門家や、食や美容など生活周辺の専門家などを中心として構成されたNPO法人「キャンサーリボンズ」にご協力いただいております。今後も、キャンサーリボンズを始め、専門家と協働して本サービスを展開することで、一人でも多くのお悩みや不安を抱えている患者さんに本サービスをお役立ていただくほか、積極的にQOL(Quality of Life)向上につながる情報の発信に取り組んでまいります。

同じ病気・境遇の人にネット上で相談や質問できることについて、9割の方が高評価(※1)

2017年2月より実際の患者さんに1か月間本サービスをモニターとしてご利用いただき、109名の方にアンケートにご回答いただきました。
アンケート結果によると、本サービスを利用する前に、同じ病気・境遇の人に相談や質問をほぼできていなかった人が約6割もいることがわかりました(Q1)。
また同じ病気・境遇の人にネット上で相談や質問できることについても、9割の方から高評価をいただき、「環境や性格的に患者仲間がいない人も多く、ネットだと気軽に交流できて良い。」「悩みを共有できるだけで、こんなにも精神的に楽になるとは思わなかった。」などの声も多くいただきました(Q2)。

Q1.本サービスを利用する前に、同じ病気・境遇の人に相談・質問をすることはありましたか?

Q2.同じ病気・境遇の人にネット上で気軽に相談・質問ができたり、他の人の悩みや回答、体験談が読めることについて当てはまるものをお選びください。

ドコモ・ヘルスケアは本サービスを通じて、病気に関する悩み・不安・疑問を同じ病気の仲間に気兼ねなく相談できる場所を提供し、少しでも患者の皆様の不安を解消し、ハッピーな生活をサポートしていきたいと考えています。

(※1)モニターおよびアンケート調査概要
モニター実施期間:2017年2月1日(水)~2月28日(火)
モニター参加者:484名(以下の患者の方:乳がん、子宮頸がん、子宮体がん、不妊、妊娠)
アンケート調査期間:2017年3月9日(木)~2017年3月13日(月)
アンケート回答者:モニター参加者のうち109名

「イルイル」サービス概要

1. 提供開始日

2017年3月29日(水)

2. サービスロゴ

3. 提供サイトURL

https://iluilu.com/

4. ご利用方法

スマートフォン・タブレットをご利用の方:「Google Play」「App Store」にてダウンロード
パソコンをご利用の方:検索サイトにて「イルイル」と検索

5. 特長

カラダ・病気に悩みを抱えた人同士が悩みを匿名で相談しあったり、体験談を共有し合えたりするサービスです。サービス開始当初は、乳がん・子宮頸がん・子宮体がん・不妊・妊娠に関する悩みの5つのカテゴリから提供開始し、順次男女の幅広い病気のカテゴリを追加する予定です。ウェブサイトおよびアプリでご利用いただけます。

【提供機能】
①患者同士のお悩み相談(Q&A)
病気や治療に関する不安や悩み、疑問を気軽に質問・相談することができる。
同じ悩みを抱える患者同士だからこそわかるアドバイスを得ることができる。

②治療日記
自身の治療や日常の記録をつけることはもちろん、似た境遇の人の体験を知ることができる。

③病気の基礎情報コンテンツ(医師監修)
疾病に関して原因や症状、治療方法など基礎的な情報を知ることができる。

【医師監修コンテンツ協力医師】
乳腺・内分泌外科医
聖マリアンナ医科大学 ブレスト&イメージングセンター 院長 福田護先生


乳がんにかかると、治療による身体的ストレスはもちろんですが、それと同時に、ご自身の生活の変化や、「がん」という病名がもつ「命に対するインパクトの大きさ」から、精神的に大きなストレスを抱えてしまう患者さんが多くいらっしゃいます。
そのようなとき、本サービスを通じて、患者さん同士だからこそわかる悩みや体験を共有しあい、支え合うことで、少しでも以前と変わらぬ生活を送っていただく助けになればと期待しております。

産婦人科専門医 医学博士 宋美玄先生

昨今、ネット上には病気や治療に関する様々な情報が溢れており、医学的エビデンスがないものも多く存在しているのが実状です。
そのような中、患者さん同士において「安全対策のしっかりとられた環境で、安心してやりとりをしていただける」というところが、本サービスのもたらす大きな価値であると考えています。広く普及することで、患者さんの心の拠りどころとなり、QOL向上へとつながっていくことと期待します。

6. 対応デバイス

スマートフォン・タブレット(Android/iOS)、パソコン

7. ご利用料金

無料

キャンサーリボンズについて

1. 団体概要
がん治療やがん患者さんを支える生活支援を設立趣旨として2008年に発足したNPO法人です。
“キャンサーリボンズ”という名前には、患者さん、がん医療やヘルスケアに携わる多くの専門家、がんの早期発見や予防に関する啓発活動に従事する方など全ての人が活動を通してリボンで結ばれ、つながっていけたら、という想いが込められています。すべての人が誰かを支え、誰かに支えられる、そんな、特定の誰かに負担のかかることのない新しい関係が、よりよい「治療と生活」を実現すると考えている団体です。

2.キャンサーリボンズからのコメント
人はそれぞれ、悩みや辛さを抱えています。外からは分からないことも少なくありません。そんなとき、支え合えるのは同じ体験をもつ人同士であり、安全に、安心してつながれる場を提供することには意義があると考えています。特に、私どもの理念とも合致する「生活の視点を大切にすること」を実践していただけたらと思います。

*AndroidはGoogle Inc.の商標です。
*iOSはCiscoの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
*イルイルはドコモ・ヘルスケア株式会社の登録商標です。