あなたの生活をちょっと健康に。

ウォーキング
公開日 :

ウォーキングで痩せない3つの理由と効果を出す3つの対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代を過ぎた頃からお腹まわりについてきた贅肉が気になってきたけれど、ダイエットする時間がない、というのは男性にも女性にも共通の悩みではないでしょうか。お金をかけずに、健康的に痩せたい方に人気があるのはウォーキングです。ウォーキングなら通勤時間を利用してできますし、散歩が趣味ならば苦にならない運動です。
これでダイエットができればよいのですが、実際にはウォーキングを継続していても体重は一向に減らないことがあります。その理由と対策を考えてみましょう。

ウォーキングで痩せない3つの理由

ウォーキングでは痩せないと悩む30代から40代の男女の方、その理由は何なのでしょうか。

  1. ウォーキングにかける時間が短すぎるため、痩せるのに必要なカロリーを消費できていないことが考えられます。
  2. 十分時間をかけていても、運動の強度が足りないことが考えられます。
  3. ウォーキングをしていると夏は特に汗をかくので、運動したような気分になりますが、その後油断してついお酒が進んでしまったり、お腹が空いて食べ過ぎてしまったりすることがあります。

このような身近な理由が、ウォーキングで痩せない原因を作り出してしまっている可能性があるのです。

対策1.ウォーキングの時間を確保


まず、ウォーキングで痩せようと思うなら、痩せるために必要なウォーキングの時間を確保することが大切です。
ウォーキングなどの運動で消費できるカロリーの計算式は、
【体重(kg)】×【運動時間(H)】×【METS】×【1.05】です。
METSという数値は運動の内容によって変わり、分速67m(時速4.0km)のウォーキングでは場合、3.0METSです。例えば体重52.7kgの方が1時間、時速4.0kmのウォーキング(3.0METS)をした場合は52.7 kg×1時間×3METS×1.05=166kcalが消費されることになります。
ウォーキングだけで消費カロリーを増やそうとするなら、しっかりと時間をかけないといけないことがわかりますね。

対策2.消費カロリーがぐっと増える!?歩く速さにも工夫を。


時間をかけてウォーキングを続けていても痩せないときは、歩く速さを気にしてみましょう。さきほどご紹介したとおり、運動による消費カロリーの計算式は前述のMETSの計算式【体重(kg)】×【運動時間(H)】×【METS】×【1.05】を使います。分速67m(時速4.0km)のウォーキングの場合のMETSの数値は3.0ですが、家の中を歩くようなゆったりした歩行だと2.0METSと小さくなってしまいます。一方、通勤や通学時のような早歩きだと4.0METSまで大きくなります。
つまり、同じ時間ウォーキングをしても、4.0MTESの早歩きなら、2.0METSのゆったりした歩行の2倍のカロリーを消費できるのです。ダイエットのためにウォーキングをする人は、同じ時間でも消費カロリーがぐっと増える、早歩きをお勧めします。

対策3.ほんの少し食生活改善!


どれだけウォーキングでカロリーを消費しても、一日に必要なカロリー以上食べてしまってはせっかくのウォーキングも活かされなくなってしまいます。そのため、普段の食生活でも少し食べるものに気をつけたり、遅い時間に夜食など食べないように気をつけたりすることが大切といえるでしょう。好きなものを我慢するのは辛いときもありますが、ストレスを溜めない程度に、できるだけ腹八分目を心がけましょう。
そのうえで、METSの計算式を活用して、ウォーキングも含めて普段の生活のなかで1日にどれくらいの活動消費量があるのかを自分なりに把握しておくことが大切です。活動消費量の目安がわかれば、食べすぎた日の翌日は少し食事を軽めにしたり、運動の時間を増やすなど、自分で調整できるようになります。

このように、ウォーキングで痩せないと悩む方は、食生活からとっているカロリーに対して、運動量が十分でないことが考えられます。カロリー消費につながる効果的なウォーキングをするためには、好きな音楽を聴きながら歩く、歩きやすい服装や靴を選ぶ、ウォーキングをするときのファッションにこだわるなど、ときには形から入ることも楽しく続けられる秘訣かもしれませんね。
ウォーキングでは痩せないとすぐに結論づける前に、まずはウォーキングにかけている時間や歩く速度を見直したり、普段の食生活を振り返ったうえで、ウォーキングを楽しむ工夫をしてみてはいかがでしょうか。
 


 

この記事の編集

+healthcare編集部
+healthcare(プラスヘルスケア)の編集チーム
※本記事の無断転載及び複製等の行為は禁止しております。
※本コラムに記載されている一切の情報は、その効能効果、安全性、適切性、有用性、完全性、特定目的適合性、最新性、正確性を有することを保証するものではありません。詳細については、「サイトご利用にあたって」第4項をご確認ください。